旅行から帰ってきて
現実が憂鬱にならない方法

こんにちは、伊藤 文です。
物を片付けることを通して
自分の思考を片付け
あなたが夢を叶えるために
今のあなたのままでできる
次の1歩を探す
お手伝いをしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 1237通目◯

旅行から帰ってきて
現実が憂鬱にならない方法

2018年11月13日

 

このおたよりでは、
わたしと同じように
日々の仕事で消耗していて
解決の糸口を探しているあなたに、
物と思考を片付けることで、
自分を表現し
自分にしかできないことを
一緒に探しながらお伝えしていきます。
この過程の中から
見えてくるなにかが、
あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

あなたは旅行から帰ってきた次の日に

仕事に向かうとき、

どんな気持ちがしていますか?

 

わたしはこれまで

「はあー…仕事だ」

と肩を落としていました。

 

でも昨日はちょっと違いました。

なんとなく、心が軽い。

 

考えられる理由は3つ。

 

1つ目は、

旅行を決めるときに心配していた

「仕事が終わるかどうか」

がたまたま解決していたから。

 

2つ目は、このところ

できることしかしていなくて、

自分の不十分さを感じることが

少なかったから。

初夏の頃に

字をきれいに書くことに

ハマっていたときも、

同じようなスッキリさがありました。

誰に見せるものでもないから

評価を受けることもなく、

自己満足のみで、

自分の不十分さを

感じなかったからですね。

 

3つ目は、

2つ目の理由のおかげで、

夢と現実の落差が少ないからかな?

と思いました。

 

…待てよ?夢と現実ってナニ??

 

これまでわたしが持っていた定義は

現実=

やるべきことをやること。

食うために働くこと。

目の前に見えていること。

夢=

理想がすべて叶っていること。

自分に課していることや

嫌なことがひとつもないこと。

でした。

 

この定義では

夢を叶えるのはかなり難しいですね…

 

ということで、

定義を書き換えます。

 

現実とは?

もともと持っていた定義のうち、

3つ目の定義は

フラットで受け入れやすい。

ということで

これを引き続き持つことにし、

目の前に見えていること。

なにかをそこから感じ、

それに応じて自分がなにかをすると、

それに応じて変わっていくもの。

としました。

 

そして「夢とは?」です。

今、夢がすべて叶っているとしたら、

夢とはどんな定義になるだろう?

言葉の方を寄せていきます。

すると、

自分がしたことによって

作られた状況が集まったもの。

です。

 

この定義だと、

自分がなにかをすれば

夢は自動的に叶うことになるし、

現実の集まり=夢、

つまり、落差がありすぎて

旅行の翌日につらかった現実が、

夢とイコールで結ばれました。

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2018年11月13日

伊藤 文

 


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯ご提供中のサービス
苦手なことは苦手なままでもできる
次の1歩を見つけるセッション

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
お読みくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

Please follow and like us: