目を背けたい事実があぶり出された
時点がスタートライン

こんにちは、伊藤 文です。
物を片付けることを通して
自分の思考を片付け
あなたが夢を叶えるために
今のあなたのままでできる
次の1歩を探す
お手伝いをしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 1244通目◯

目を背けたい事実があぶり出された
時点がスタートライン

2018年11月20日

 

このおたよりでは、

わたしと同じように

日々の仕事で消耗していて

解決の糸口を探しているあなたに、

物と思考を片付けることで、

自分を表現し

自分にしかできないことを

一緒に探しながらお伝えしていきます。

この過程の中から

見えてくるなにかが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

やるべきことをやっていない人を見ると

イライラするのに、

自分もやるべきことをやっていない

という矛盾。

わたしはいつもこのことで

ぐるぐると悩み続けています。

 

これをやるべき、という事実も

自分はそれをやっていない、

という事実も変わらずにある。

それをやらないのなら、

自分で自分を許せない気持ちも

さっさと退職しないずるさも

持ち続けるしかない。

 

このところ、

すでにすべてが叶っているとしたら、

という仮定に基づいて

自分の定義を書き換えてきました。

それで心が軽くなる部分はあるけれど、

目を背けたい事実は

そのまま変わらずにある。

 

そこでやっと、

その目を背けたい事実に対して

自分はどう感じるか、

自問してみました。

その答えに対して

なぜそう感じる?なぜ?なぜ?

と繰り返して聞いていくと、

現場を離れたくないから

昇進したくない、

だから昇進につながる

結果を残したくない、

という願いが叶っているみたいだ、

ということが

ぼんやりと見えてきました。

 

これが本当に原因なのかなあ?

とまだ訝しげではありますが、

目を背けたい事実が出てきた時点が

やっとスタートラインなのかな、

と思いました。

 

あなたが今モヤモヤしているなら、

目を背けたい事実まで

事実を洗い出してみてください。

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2018年11月20日

伊藤 文

 


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯ご提供中のサービス
苦手なことは苦手なままでもできる
次の1歩を見つけるセッション

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
お読みくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

Please follow and like us: