がんばってるアピールをするのはなぜ?

こんにちは、伊藤 文です。
物を片付けることを通して
自分の思考を片付け
あなたが夢を叶えるために
今のあなたのままでできる
次の1歩を探す
お手伝いをしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 1252通目◯

がんばってるアピールをするのはなぜ?

2018年11月28日

 

このおたよりでは、

わたしと同じように

日々の仕事で消耗していて

解決の糸口を探しているあなたに、

物と思考を片付けることで、

自分を表現し

自分にしかできないことを

一緒に探しながらお伝えしていきます。

この過程の中から

見えてくるなにかが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

仕事がとても苦しかったので

できることだけをすることに

していますが、

「これってちゃんと仕事やってない

ってことだよね。」

と自分を責めてもいました。

でもそんな風に楽しんでいても

しょうがない、やめよう。

と思いました。

 

すると、同僚どうしの会話から

A「こないだ有給とって

仕事しましたよ。」

B「家で仕事するなんて普通よ」

と聞こえてきました。

わたしは最近

家では仕事をしないので

ちょっと耳が痛くなりました。

 

なぜ耳が痛くなるのか。

わたしもそういう風に

言っていた時期があって、

「こんなにがんばってるんだから

望まれる結果を出せなくても

許してくださいね。」

という気持ちが

その発言の根底にあったからです。

倒れたらそれも迷惑でダメなので、

倒れる「寸前」までがんばる、

というように、

自分を追い込めるところまで

追い込んでいました。

 

別に家で仕事をするのが

嫌なわけではなく、

上記のような気持ちを根底に持って

休日に家で仕事をして、

がんばっているアピールをするのが

嫌なのでした。

 

じゃあどうしたいかというと、

自然と心と体が向かうことをしたい。

それができているかが

評価であるような。

それを仕事の定義にしたい。

 

以前、仕事の定義を

「役割を果たすこと」としました。

でも、昨日それすら面倒に感じている

自分がいることに

気が付いてしまいました。

一方で周りの評価を気にせず

入り込めていた場面もありました。

だから現実の場面でも可能かも。

 

ということで、仕事とは

自然と心と体が向かうことをすること、

としてみます。

 

関連記事
忙しいアピールをしてしまうのはなぜ?その1
忙しいアピールをしてしまうのはなぜ?その2
考えないことはシンプルじゃない

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2018年11月28日

伊藤 文

 


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯ご提供中のサービス
苦手なことは苦手なままでもできる
次の1歩を見つけるセッション

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
お読みくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

Please follow and like us: