自由の結果を受け止める

こんにちは、伊藤 文です。
物を片付けることを通して
自分の思考を片付け
あなたが夢を叶えるために
今のあなたのままでできる
次の1歩を探す
お手伝いをしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 1318通目◯

自由の結果を受け止める

2019年2月2日

このおたよりでは、
わたしと同じように
日々の仕事で消耗していて
解決の糸口を探しているあなたに、
物と思考を片付けることで、
自分を表現し、
自分にしかできないことを
一緒に探しながらお伝えしていきます。
この過程の中から
見えてくるなにかが、
あなたのお役にたてれば幸いです。


おはようございます。

 

昨日は通常業務を終えた後、

あ、あれもやろう、と

もう一仕事してから帰りました。

 

帰りの電車の中で思い出しました。

19時から再配達を

お願いしてたんだった!と。

すでに19時過ぎ。

 

「もう一仕事」の内容が

尻拭いと言っていい仕事だったので、

尻の持ち主に対して

「お前がちゃんとやってたら

こんなことにならずに済んだんだよ!」

と、いつものわたしなら

自分を正当化するために

責任転嫁します。

 

でも昨日、思いました。

再配達のことを忘れてた。

ただそれだけじゃないか、と。

配達員の方に迷惑をかけた。

仕事を持ち帰ることだってできたのに

職場でやっていくことを選んだのは

自分じゃないか、と。

 

わたしは周囲に対して

常識を守ること、筋を通すことを求めて

それをやってもらえないと

イライラを撒き散らします。

それが疲れるだけだ、ということに

だんだんと気づいてはいました。

 

でも自分の言っていることは

正しいと思っているから

自分の考えを捨てられない。

 

だから、これまでと少し変えて。

相手にも自由があるなら

わたしにも自由がある。

お互いに自由を持ち合って、

その結果起こったことを

受け止めればいいじゃないか。

 

自分が正しいと思うことをして、

ときにそれがうまくできなかったら、

自分が起こしたことは受け止める。

人が起こしたことは

受け止めたければ受け止めるし、

受け止めたくなかったら

受け止めない。

 

そうすることにします。

 

今日もあなたが

目の前のよろこびに

たくさん気づけますように。

2019年2月2日

伊藤 文


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
お読みくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

にほんブログ村

Please follow and like us: