意地悪問題、解決に一歩近づく

こんにちは、伊藤 文です。
物を片付けることを通して
自分の思考を片付け
あなたが夢を叶えるために
今のあなたのままでできる
次の1歩を探す
お手伝いをしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 1355通目◯

意地悪問題、解決に一歩近づく

2019年3月11日

このおたよりでは、
わたしと同じように
日々の仕事で消耗していて
解決の糸口を探しているあなたに、
物と思考を片付けることで、
自分を表現し、
自分にしかできないことを
一緒に探しながらお伝えしていきます。
この過程の中から
見えてくるなにかが、
あなたのお役にたてれば幸いです。


おはようございます。

 

鮒谷周史さんのコンサルを受けて

平成進化論のコミュニティに

お世話になっていた頃、

100人に会うチャレンジをしていた方に

バンバン人を紹介していたことを

咎めてくださった方がいました。

 

なぜ咎めてくださったかというと、

100人の人に会うことを通して

鮒谷さんがなにを伝えようとしていたのか

わたしは理解していなかったからです。

 

自分の浅はかさに気づかされて

穴があったら入りたい!

と恥ずかしくなることは

これまで生きてきた中で

何度もありました。

 

表面だけを見て取り入れて

真意を見ようとしないから、

やってみてもあまり変わらなくて、

時間と体力を消耗して、

疲れちゃう。

 

なんとかしなくちゃ!と

新しい方法に飛びついて、

でもまた表面しか見ていないから

やってみてもあまり変わらなくて、

の繰り返し。

わたしが自分を擦り減らしていたのは

こういうワケだったんだ。

 

ところで、わたしはときどき

ものすごく意地悪になります。

自分がやったことにダメ出しされたとき

「そんなこと言ってくるから

こういうことになるんだぞ」と

相手に不利益を被らせようとするのです。

 

この記事で書いたときは

別のことを思っていたけど、

この意地悪問題も、

相手の真意を見ようともしないから、

表面上の

「恥ずかしい思いをさせられた!」

というところに嫌な気持ちを抱き、

やり返すのでしょう。

ああああ!恥ずかしい!!

 

感じることはすべて

個として生きる喜びである。

ということは

自分の浅はかさを恥ずかしく思うのも

喜びである。

 

そう思ってやっと、

相手の人が何かを伝えようと

してくれているのかもしれない、

という視点が見えてくる。

ダメ出しは

自分がダメな人間であることに、

ではなく、

もっと目を開け!であることに、

と思えてくる。

 

今日もあなたが

目の前のよろこびに

たくさん気づけますように。

2019年3月11日

伊藤 文


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
お読みくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

にほんブログ村

Please follow and like us: