それだけでよかったんだ

こんにちは、伊藤 文です。
自分と会話をすることを通して
自分がなにを思っているのかを明らかにし
あなたが夢を叶えるために
今のあなたのままでできる
次の1歩を探す
お手伝いをしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 1442通目◯

それだけでよかったんだ

2019年6月6日

このおたよりでは、
以前のわたしと同じように
日々の仕事で消耗していて
解決の糸口を探しているあなたに、
自分と会話することで、
本来の自分を生きることを
お伝えしていきます。
この過程の中から
見えてくるなにかが、
あなたのお役にたてれば幸いです。


おはようございます。

 

仕事がついに、

ここまでやりたい

と自分が思っているところまで

やろうと思うと間に合わず、

間に合わせるためには

自分からするとかなりいい加減にやる

ところまで

切羽詰まってきてしまいました。

 

そうそう、こういうときわたしは

仕事やだー!やめたいー!

ってなるんです。

 

ぐったり疲れた帰り道。

現在通っている講座の先生である

森本はるかさんのブログ

を読むと、ちょうどそこにも

仕事を辞めたい人の話があり、

自分に聞いてみるといい

質問が書かれていました。

 

「なんで仕事が辞めたいの?」

今やっている仕事が終わっていないのに

新たな仕事がやってきて

(引き受けているのはわたしなんだけど)

人からの評価というよりも

自分が「ここまでやりたい」

と思ったところまでやらないうちに

放棄する自分にがっかりするから。

そのがっかりを感じ続けたくないから。

 

「なんで辞めちゃダメだと思ってるの?」

定期収入がなくなるのが怖いから。

今の職場は

給料も環境や設備も人間関係も

お勤めの中では最高だと思っていて、

辞めたら今より良くなることはない

と思っているから。

(そんな最高なお勤めに

不満を抱く自分を責めてるところもある。)

わたしは今の職業に向いている

と思っているから。

 

「なんで再就職できないと思ってるの?」

かなり自由が効く今の勤務条件に慣れて

自分がわがままになっていて、

勤怠管理される仕事は

きっとできないに違いない、

と思っているから。

自分の能力は今の職業でしか

役に立たないと思っているから。

 

「なんで辞めることを

後ろめたく思ってるの?」

同僚たちはわたし以上の仕事量をこなし

家庭を持って子育てもして、

わたしは仕事量が少なくて

面倒をみるべき人もいなくて

時間とエネルギーが余っているはずなのに

なんでそんなに仕事できないわけ?

と思うから。

 

あと「なんで自分のことを

情けないと感じているの?」

という質問もありましたが、

わたしは情けないと感じてはいなかったので

これには答えないことに。

 

まー!いろんなことを

思っていますね。

 

その中で重要だと思ったのは

「人の評価よりも自分が

納得・満足したいと思っている」

ことでした。

そっかあ、それだけでよかったんだ。

 

今日もあなたが

目の前のよろこびに

たくさん気づけますように。

2019年6月6日

伊藤 文


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
お読みくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

にほんブログ村

Please follow and like us: