まだやれそうなところでやめておく

○生活のしくみ化だより 29通目○

まだやれそうなところでやめておく

2015年7月24日

 

このおたよりでは、

時間・行動・空間を管理して

もっと自分の思い通りの日々を過ごしたい!

とお思いの方に

生活のしくみ化コンサルタントの私が

続けてきたこと、

現在試していることで

よかったことだめだったことなど、

きちんと系の内容をお話ししていきます。

よろしければ参考になさってください。

登録者数:55名

 

○今日のおたより○

おはようございます。

昨日はどんな1日でしたか?

 

私は4月から、スキルアップのために

ある教室に通っていて、

その宿題を朝1時間ずつとって

やっています。

その教室では私は劣等生で、

受講生だけの秘密のサイトで

私ばかり質問をたくさんしています。

遅くても24時間以内に回答がもらえる

素晴らしいサポート体制です。

 

昨日の朝もその宿題に

とりかかったのですが

次の作業にまた疑問が・・・

もちろん受講生のサイトで

質問するのですが

リアルタイムで回答を

いただけるわけではないので

(宿題をやっているのは

7:30-8:30ですし)

昨日の1時間は何もできず・・・

「明日はここをこうしてああして」

と翌日の工程を確認してから

終えるべきだったなあ、

と反省しました。

 

おとついの私は

やれるところまでやりきって終え、

次にこうしようという

見込みを持たずにやめてしまったので

昨日を有効活用できなかったわけですが

『天才たちの日課』では作家の誰かが

「ここまで書いておけば、

明日は必ず続きを書き始められる、

というところでやめておく」

と言っていました。

 

以前生活のしくみ化セミナーで

「ノッてきてまだやりたいときも

終了時刻がきたら

やめてしまうのですか?」

とご質問いただいたことがあり、

そのときは「はい」とお答えしました。

 

私の集中力の持続時間が短いことも

その理由ですが、

長く取り組んでいきたいタスクは

長距離走のようなもの。

またそれをやりたくて

仕方がない気持ちを持ち、

実際にやる段になってまごつかないように

まだ次の手順がわかる段階で

ストップしておくことで

ずっと続けられるのではないでしょうか。

そのために、名残惜しいですが

ノッていても終了時刻で

予定通りやめてみる。

 

明日は東京で

生活のしくみ化セミナーを

させていただきます。

まだ残席がありますので、

「やりたいことがあるけど、

他のことに押し流されて

なかなか取り組めないなあ。

続かないなあ。」

といったことがある方はぜひどうぞ。

確実に取り組み、続ける方法を

お話しさせていただきます。

 

それでは、みなさま

良い1日をお過ごしください。

2015年7月24日

伊藤 文

 

○セミナーのご案内○

第二領域への投資が自動的にできる
生活のしくみ化セミナー

気分の波に左右されずに

自分のやりたいことを

確実に実行していくためのヒントを

お伝えします。

○東京、銀座

日時:2015年7月25日(土)
9:50〜10:00 受付
10:00〜12:00 セミナー

場所:銀座ですが変更しました。
詳細は個別にお知らせいたします。

定員:7名(残席5)

講師:伊藤 文

参加費:5,400円
(当日ご持参ください)

参加をご希望の方は、

7fumi23@gmail.com

までお知らせください。

 

○サービスのご案内○

生活のしくみ化についての

個別相談をお受けしています。

お客様のご要望に合わせて

スケジュール作成のお手伝いや

スケジュールを作成して

それを遂行できるようになるまでの

トレーニングコーチをさせていただきます。

ご興味がありましたら

http://7fumi23.com/

の「サービスのご案内」のページを

ご覧ください。

 

○ご意見、ご感想、お問い合わせは
こちらまで
(ご感想は紹介させていただくことが
ございます。
紹介不可の場合、
その旨もご記載ください。)
7fumi23@gmail.com

 
○発行者○  伊藤 文(いとう ふみ)
○E-mail○  7fumi23@gmail.com
○HP○    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

 
○メルマガの講読解除は
いちばん下のURLをクリックしてください。
(ワンクリックで解除されますので、
ご注意ください。)
ご購読ありがとうございました。

Please follow and like us: