やりたいことをやっているのに、
なぜ仕事から帰るときは不満なのか?

 

こんにちは、伊藤 文です。
自分と会話をすることを通して
自分がなにを思っているのかを明らかにし
あなたが夢を叶えるために
今のあなたのままでできる
次の1歩を探す
お手伝いをしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓

 


◯生活のしくみ化だより 1491通目◯

やりたいことをやっているのに、
なぜ仕事から帰るときは不満なのか?

2019年7月25日

 

このおたよりでは、
以前のわたしと同じように
日々の仕事で消耗していて
解決の糸口を探しているあなたに、
自分と会話することで、
本来の自分を生きることを
お伝えしていきます。
この過程の中から
見えてくるなにかが、
あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

このところますます

退社時刻が遅くなっています。

 

思う存分仕事に

エネルギーをかけた結果だから、

充実感でいっぱいのはずなのに、

帰るときのわたしは不満でいっぱい

なのはなぜだろう。

 

十分に眠りたい。

ノートタイムも十分にとりたい。

それでいて仕事も思う存分にしたい。

それが24時間にうまく収まっていない。

それがわたしの今の状況です。

 

「思う存分に仕事をする」とは?

わたしにとっては

自分の力が発揮された、とか

新しくチャレンジできた、

と感じられるようなことをすること。

そんな風に毎日働けているなんて

幸せだなあ。

ありがとう。ありがとう。ありがとう。

 

しかし同時に不満があるのもたしかだ。

先日藤本さきこさんが

オンラインサロン「設定変更大学」の中で

「私も、「自分でミシンで作るのが好き」と

思い込んでましたが、

「頭の中にある世界観を表現するのが好き」

だと気付いて、ようやーーく

「全部自分で縫う」を手放したんです。」

と書いていました。

 

わたしも好きを細かく見ていって

大きな好きの中に含まれていたけど

実は好きじゃなかった、ということを

手放していくことなのかな。

 

それにはいつものごとく、

何にどう感じたかをノートに書いて

自分に読ませていくことです。

 

今日もあなたが

目の前のよろこびに

たくさん気づけますように。

2019年7月25日

伊藤 文


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
お読みくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

にほんブログ村

Please follow and like us: