30年使った物を買い替える

こんにちは、伊藤 文です。
自分と会話をすることを通して
自分がなにを思っているのかを明らかにし
あなたが夢を叶えるために
今のあなたのままでできる
次の1歩を探す
お手伝いをしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓

 


◯生活のしくみ化だより 1512通目◯

30年使った物を買い替える

2019年8月15日

 

このおたよりでは、
以前のわたしと同じように
日々の仕事で消耗していて
解決の糸口を探しているあなたに、
自分と会話することで、
本来の自分を生きることを
お伝えしていきます。
この過程の中から
見えてくるなにかが、
あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

昨日は父が遊びにきてくれて

一緒に買い物をしました。

30年前から使っている

セカンドバッグの底が

破れそうなので新調したい。

30年前から履いている

スニーカーの底が

剥がれそうなので新調したい。

だそうです。

 

30年だって。

セカンドバッグは

見た目が古びていないので

わたしもそこまで使い続けられた

かもしれないけれど、

スニーカーはかなりくたびれていて

色も薄茶色がかっていて、

わたしなら見た目が古びた時点で

捨ててしまいそうです。

 

で、紳士服売り場を通りかかったので、

バッグを見ました。

底が破れかかったバッグと

同じくらいのサイズのバッグを勧めると

2つ手に取り見比べて、

うむ、これじゃ!とばかりに

即決していました。

その場で中身を入れ替え、

古いバッグの処分をお願いしました。

 

スニーカーも、

今履いている物と同じくらいの

価格帯の中から1足試着し、

あ、これいい感じよ、と言って決め、

履いて帰ります、と

古い方は下取りに出しました。

(そういうキャンペーンをしていた。)

 

30年も同じものを使っていたら

その間に同類他品を

比較検討する機会もなかったわけで、

それで決め手はわかるのだろうか、

と隣で見ていたけれど、

こういうのがいい、こういうのは嫌だ

というのはちゃんと

蓄積されていたようです。

 

それに30年も使い続けられるって、

「幸福とは、望んだものを

手に入れることでなく、

持っているものを

望んでいる状態のことである」

(ラビ・ハイマン・シャハテル)

を実行できてる人だよな、

と見ていて思いました。

わたしはそれを羨ましく思う。

 

きっと、それを実現できるようになるには

持っている物に感謝することなんだろう。

 

今日もあなたが

目の前のよろこびに

たくさん気づけますように。

2019年8月15日

伊藤 文


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
お読みくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

にほんブログ村

Please follow and like us:
error