相手の好意を無下にすることについて

こんにちは、伊藤 文です。
自分と会話をすることを通して
自分がなにを思っているのかを明らかにし
あなたが夢を叶えるために
今のあなたのままでできる
次の1歩を探す
お手伝いをしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓

 


◯生活のしくみ化だより 1519通目◯

相手の好意を無下にすることについて

2019年8月22日

 

このおたよりでは、
以前のわたしと同じように
日々の仕事で消耗していて
解決の糸口を探しているあなたに、
自分と会話することで、
本来の自分を生きることを
お伝えしていきます。
この過程の中から
見えてくるなにかが、
あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

昨日は仕事の後、

その場にいた人の間で

話が長引きました。

一昨日も仕事の後、

同僚と話し込んでいたら

宅急便の配達の日時指定をしていたことを

すっかり忘れていました。

 

2日連続ですっぽかしたくなかったので

時計をチラチラ見ていて、

もうこれ以上待てない!というところで

相手の好意を振り切って

帰ってきてしまいました。

 

申し訳ない、と同時に

でも帰ってこられたことに

安堵しました。

 

話を聞きながら、

宅急便の配達を

今日はすっぽかしたくないとか、

お腹が痛いのでとか、

(午後の途中から胃痛がしていた)

言い訳を考えていたけど、

帰り始めて思ったのは

 

それはすべて言い訳にしかすぎなくて

ただ帰りたかったんだ。

なんなら胃痛は

わたしが言い訳をしやすくするために

起こったんだろう。

と思いました。

 

相手の好意と自分の願いの先が

ひとつになっていることを

見出せたらいいけど、

わたしにはまだそれが

できていません。

 

藤本さきこ認定講師の方たちの

ブログを読んでいると、

ちゃんと相手の愛を汲み取っていて

いいなあ、と思います。

と同時に、それができていない自分に

ダメだ、と裁いている。

 

すべてが喜びであって

どうあってもいいのなら。

相手の愛を汲み取れない自分を

ダメだと裁きたくはない。

だからこの件は放置します。

正しさと照合しない形で

相手の愛を汲み取りたいと

わたしが思っているなら、

いつか何かに気づくでしょう。

 

今日もあなたが

目の前のよろこびに

たくさん気づけますように。

2019年8月22日

伊藤 文


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
お読みくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

にほんブログ村

Please follow and like us: