いたたまれなさを感じ続ける

こんにちは、伊藤 文です。
自分と会話をすることを通して
自分がなにを思っているのかを明らかにし
あなたが夢を叶えるために
今のあなたのままでできる
次の1歩を探す
お手伝いをしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓

 


◯生活のしくみ化だより 1520通目◯

いたたまれなさを感じ続ける

2019年8月23日

 

このおたよりでは、
以前のわたしと同じように
日々の仕事で消耗していて
解決の糸口を探しているあなたに、
自分と会話することで、
本来の自分を生きることを
お伝えしていきます。
この過程の中から
見えてくるなにかが、
あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

昨日も仕事の後に同僚と話していて、

わたしが過去に重大な間違いを

犯していたことがわかりました。

同僚の冷ややかな視線に耐えきれず、

その場から走り去りました。

 

帰宅してノートに気持ちを書き出し、

そして今朝。

昨日のいたたまれない気持ちは

まだ残っています。

 

こういうとき、今までなら

Youtubeでお笑い番組を見て

気持ちをごまかして日常の行動を続け

なんとか自分を前に進ませていたけど

(精神的な意味じゃなくて

単に見た目の行動という意味で)、

今回はそういうごまかし方はしないぞ。

 

と思いつつ、でもその

いたたまれない気持ちを

持ち続けることに耐えられず、

本とかブログとかを読んで

散らそうとしている。

 

間違いを犯したからこそ

これからの行動と認識を改められるし、

間違いを犯す人の気持ちも

少しはわかるし、そういう意味では

今回のこともあって良かったことだけど、

いたたまれなさといった

感じたくない気持ちを感じ続けるのが

とにかくつらい。

 

でもその感じたくない気持ちを

持ち続けることが

今回のことでわたしが

いちばん学びたいこと

のような気もします。

 

すべてが喜びならこれも喜び。

あーでもそんなの認めたくないな。

なんで認めたくないか。

自分を間違った者としたくないから。

ああああああああああ!!

 

とこういう心ののたうち回りも

いつかは記憶が薄らいでひくんだろうけど、

それでも今のこの感じが耐えがたい。

でもひくまでは持ち続けるぞ。

 

今日もあなたが

目の前のよろこびに

たくさん気づけますように。

2019年8月23日

伊藤 文


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
お読みくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

にほんブログ村

Please follow and like us: