【LADYLIKE】縫い直し

日々の生活において失敗することは
学びの機会になるので良いことですが、
洋裁における縫い直しは
布を痛めるのでできれば避けたいところ。
別布で練習して用尺や方法を確認してから
本番の布では1回で仕上げるのがベストです。
と言っても今作っているジャケットで
ポケットを間違うという
重大な失敗をしましたけどね…

昨日は襟付けを習っていました。
付ける前に、身頃と襟の
それぞれの付け線の長さが合っているか
確認するのですが、身頃と襟の前に、
左右の身頃の付け線が合ってない…
これまでの私の性格だと、
見なかったことにしてそのまま進めて
なんとかごまかそうとするところですが、
今回はきちんとやり直しました。
ちょっとした縫いずれが
後々大きく手間をとることに
なってしまいますね。

慣れてくると、
ここは多少アバウトでも大丈夫、
ここは正確に合わせて縫う、
という区別ができるようになり、
私もスカートやワンピースの講座を
担当するときは
生徒さんたちの質問に対して
そう言ったアドバイスをするのですが、
慣れないときはすべてをきっちりするのが
一番の近道のようです。
と言っても、慎重すぎて前に進めないのも
考えものですけどネ。
ポケットの失敗もなんとかしたように、
手間はかかるもののなんとかなるもの。
命を取られるわけじゃないのだから、
と結構思い切って
やってみるようにもなりました。
最初からきれいに作りたいけれど、
私は何着も練習練習で進んでいきます。

写真は襟のハ刺し。
高級紳士服の襟の中はこうなっています。
LL2015-12-06縫い直し