【LADYLIKE】洋裁をやるとポジティブになれる

本当に?
と思われるかもしれませんが、
意外に本当です。
「洋裁教室に通うと」
と言った方が正しいかな。

洋裁では、きれいに作るための
ここぞ!というポイントがあります。
そこをきれいに作っておけば
見えないところは
少々不細工でも大丈夫です。
だから先生はそのポイントに
目を光らせます。
そして、上手くできていなければ
「やり直しましょう」と
ニコニコして言いながら
縫い目を解いていきます。
始めたばかりの生徒さんだと
心の中で涙を流す場面です。

しかし、教室で
いくつか作品を作っていくと、
先生にやり直しを命じられたところは、
やり直しておかないと、
後で大変なことになる
ということがわかってきます。
すると、「今指摘されて良かった」
と思えるようになってくるのです。
教える立場になった今となっては
やはり私もニコニコしながら
「やり直してくださいね」
と縫い目を解きますし、
「今気がつけて良かったじゃないですか」
とお伝えしています。
生徒さんたちは、
初めはげんなりした表情で受け止めていますが、
だんだん、げんなりした中にも
「そうですよね、
後で大変なことになりますもんね…」
とポジティブな兆しが見えてきます。

精神を鍛えるには
こんな方法もあるのですよ。
よかったら、お試しあれ。