【LADYLIKE】紳士な対応、非淑女な対応

ジャケット製作教室の次のレッスンは
袖つけだと思うので、
「袖裏」を用意する必要があります。
「袖裏」とは袖専用の裏地のこと。
ジャケットの中を見ると、
胴体と袖の部分で裏地が違っていますよね?
胴体の裏地は無地で、袖はストライプ、
というのが多いかと思います。
腕は動きが大きく袖に力がかかるので、
袖裏は胴体に使われる裏地よりも
少し丈夫にできているとのこと。
袖専用なら袖が入る分だけの
幅があれば良いので、
袖裏は通常の裏地よりも反物の幅が狭いです。
しかしおそらく一般の裏地よりも流通量が少なく
(袖にしか使えなくて、
しかも袖は面積が小さいので、
当然といえば当然)
儲からないせいなのか、
袖裏「風」の柄がついた普通の裏地もあります。

そんな袖裏なので、
普通の生地屋さんにはなかなか売っていません。
私はテーラーに行って
分けていただくことにしたのですが、
やはり袖裏「風」の裏地です。
でも今回はちゃんと
カラーコーディネートに従い、
えんじ色の入ったストライプを選びましたよ。

そのテーラーに行ったのは約1ヶ月前のこと。
「在庫を確かめてご連絡しますね」
と言ってくださっていて、
電話もいただいたのに、
ちょうど取り込み中で出られなくて、
しかも番号が登録されていないから
本当にそのテーラーからなのかわからない、
留守番電話にもメッセージがない、
ということで放置してしまいました。
けれども次のレッスンが近づいてきたので
怒られるのを覚悟で電話を差し上げ、
お店に伺ったところ、
嫌な顔を微塵も見せずに
丁寧に対応してくださいました。
取り扱っている商品だけでなく、
対応も紳士です。
それにひきかえ私はなんだ!
電話番号はネットで調べれば
確かめられたんだった、
と気がついたのは、なんと今日でした。
淑女には程遠かったです。

ということで、その真に紳士なテーラーはこちら
LL2016-01-12紳士な対応

Please follow and like us: