糸の調子を触り心地で確かめる

「あの人はすごい!」と言われる
メンズの若手パタンナーの方の
ブログにたどり着けました。
最新の記事しか読んでいないけど、
たしかにすごい。
そんな方がいるのにだいぶ年長の私が
憧れだけでふらふらと
メンズの世界に入っていこうとしているのは
どうなんだ!と思いつつ、
そんなこと言ってたら何もできないので、
とりあえず服は作ります。

ジャケット製作は裏地縫いに入りました。
なんだかミシンが進まないなあ、と思ったら
上糸がへんなところに引っかかっていました。
縫い目がものすごく細かくなって、
ぎっちぎちの縫い目になっていました。
上糸をかけ直して縫い直すと、
たいぶ良くはなってきたのだけど、
なんだか縫い目が硬いなあ…
と思っていたら、今度は上糸の力が弱かった。
今回は紺色の生地を黒い糸で縫っているので、
縫い目が見にくくて難儀するのですが、
ミシンの糸調子は
縫い目の触り心地で確認できる、
ということがわかりました。
調子を直した縫い目はやわらかです。