【生活のしくみ化】「妥協せぬものを一つ」

○生活のしくみ化だより 223通目○

「妥協せぬものを一つ」

2016年1月30日

 

このおたよりでは、

筆者が、できるだけ変化を排除し、

日々同じ生活の繰り返しを

つきつめていく過程をお伝えします。

そして、その中から哲学を

見出していきます。

この過程の中から見えてくる何かが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

登録者数:98名

 

おはようございます。

 

先日、日本画家の小泉淳作さんの自伝

『我れの名はシイラカンス

三億年を生きるものなり』を読みました。

その中で最も印象に残った言葉が

今日のタイトル

「妥協せぬものを一つ」です。

 

これはこの本の章のタイトルにもなっていて

「人生は妥協の連続。

でも妥協せぬものを一つ持てばいい」

という、小泉氏が恩師(だったと思う)に

言われるセリフから取られています。

 

この言葉は、小泉氏が

全てにおいて妥協したくない、

という姿勢を取っていたからこそ

効いたのではないかと思います。

 

今、これだけは妥協したくない、

と思うものを持っていないのであれば

それを探すことが自分の人生の意味づけに

つながるのだと思います。

 

でもどうしても、

ないところから一つに決めるというのは

甘えが入ってしまいそうな気がします。

 

だからやはり小泉氏のように、

全てにおいて妥協したくない、

という姿勢で日々のことに取り組むのが先で、

そこから「これだけは!」と思うものが残る、

という方が良いように思います。

 

「全てにおいて妥協せず」

肝に銘じます。

 

それでは、みなさま

良い1日をお過ごしください。

2016年1月30日

伊藤 文

 

○サービスのご案内○

【手書きの文字を書きます】

D.手書き文字を書きます

○ご意見、ご感想、お問い合わせは
こちらまで
(ご感想は紹介させていただくことが
ございます。
紹介不可の場合、
その旨もご記載ください。)

お問い合わせ

○発行者○  伊藤 文(いとう ふみ)
○E-mail○  7fumi23@gmail.com
○HP○    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

○メルマガの講読解除は
下記URLをクリックしてください。

メルマガ登録・解除フォーム

ご購読ありがとうございました。

Please follow and like us: