【LADYLIKE】物も見た目が9割?

今日は洋裁教室をさせていただきました。
Tさん、ありがとうございました!

教室後に、Tさんがこれから作りたいものに
必要な道具を
手芸用品店に買いに行きました。
手芸用品店って見ているとウキウキします。
色とりどりの布や糸があるし、
見本の作品もとてもきれいです。
これからなんだって作れるし、
自分も見本みたいなきれいな作品を作れるという
可能性をたくさん手にしている
キラキラした状態にあるからでしょう。

でも、「これを作ろう」と決めてからは
長いトンネルに入ることになります。
「なんだって作れる」という可能性は
「これを作る」という1つに絞られますし、
「見本みたいなきれいな作品を作れる」かどうかは
自分の腕次第で、
その結果に直面することになるからです。
(洋裁教室では、
きれいに作るコツをお伝えしています。
ご興味のある方は、
こちらからお問い合わせくださいませ。)

そんな時に自分を支えてくれるのが、
洋裁教室の先生である私であり(笑)、
かわいい道具たちです。
今は待ち針ひとつにしても
かわいいものが売られているんですよね。
そういったかわいい道具たちを見て
ときめくことによって、
やる気を維持するのです。

私も今、裁縫道具を入れる箱を探しています。
職場で使っているのは、
大阪土産の「太郎サブレ」の缶です。
はっきりした色使いが気に入っていたのですが、
もう少し
「THE女の子」な感じの箱にしたいな、と。
でもジャケット製作教室の時には
スーツケースに詰めて持っていくので、
ある程度のコンパクトさも必要です。
シェーカーボックスに憧れるんですけどね。
丸型だと収納効率が良くない気がして
踏ん切れません。

うーん、見た目に対するときめきによっての
やる気の増進と
使いやすさによるストレスのなさと
どちらが大切か…
悩むところですが、やはり
見た目重視で探したいと思います。
良い道具は見た目にも美しいはずですしね。

Please follow and like us: