【LADYLIKE】裏地のおしゃれ

私が作っているジャケットは、
表地の袖ができたので、
次は袖の裏地に取りかかっています。

服は概ね左右対称の形をしているので、
布を2枚重ねて
その上に型紙を置いて裁断します。

このとき、布がチェックやストライプだと、
2枚重ねた時の上下の布で柄がずれないように、
ぴったりと重ね合わせる必要があります。
ストライプは左右だけ気をつければよいけれど、
チェックはさらに
上下もそろえなければならないので、
チェック柄の服を作るのは
大変なのですよ…

今回の袖裏はストライプです。
だからこれも、
2枚重ねた時の上下の布の柄がずれないように
ぴったり重ね合わせる必要があります。
表地だったらストライプの線を合わせて
ピンでとめればよいですが、
裏地はつるつる滑るので、
しつけ糸で縫い合わせましたよ(写真)。

紳士服は形も色も柄も
あまりバリエーションがないので、
裏地がおしゃれのしどころです。

裏地というのは本来、
1.汚れが表地につかないように。
(スーツやコートの表地は
洗濯機でがしがしとは洗えませんし、
高級でデリケートな素材も多いですからね。)
2.体の動きに服がついていくように、
滑りをよくするため。
婦人服だとさらに
3.透け防止、保温性向上
の役目もあります。

しかし、裏地は見えないところだからこそ、
ハッとするような色使いも可能なのです。

裏地というのはジャケットやコートを
脱いだ時にしか見えません。
だから、ちらっとしか見えない。
表地ほど見せびらかし感がなく、
でも脱いだものを受け取ってくれる人、
つまり奥方や恋人、
レストランのサービススタッフなど、
わかってほしい人にだけ
アピールすることができます。
(レストランのサービススタッフ?
と思われたかもしれませんが、
それだけのおしゃれができる良いお客様
ということで、
良いサービスを受けられることも
あるそうですよ。)

それ以外にももう少しアピールしたければ、
ジャケットやコートのたたみ方を
覚えるといいですよ。
(ご興味のある方は
ネットで検索してみてください。)
このたたみ方は、
表地を傷めないように、という目的ですが、
裏地が全面に見えます。
裏地のアピールにもなるし、
ジャケットやコートをきちんとたためる、
というのも素敵ではありませんか?

ジャケットやコートを
オーダーする機会があるなら、
裏地のおしゃれをしてみてはどうでしょう?
真冬の重たいチャコールグレーのコートの
裏地が桜色、なんていうのも、
春が待ち遠しくなって素敵ではないでしょうか。

私も表地と裏地を別の色にするのが好きです。
ダークブラウンのワンピースに紫色の裏地、とか
レモンイエローのワンピースに
アイスグレーの裏地、とか
作るときには楽しんでいます。
今回のジャケットは、冒険する勇気がなく
表地に合わせて胴体部分は紺色の裏地にしたので
地味です。もっと冒険したらよかったな。
でも襟のカラークロスをえんじ色にしたので、
それに合わせて
えんじ色が入った袖裏にしてみましたよ。
LL2016-02-01裏地のおしゃれ