【生活のしくみ化】数学におけるエレガントさを日々の生活に取り入れる

○生活のしくみ化だより 236通目○

数学におけるエレガントさを日々の生活に取り入れる

2016年2月12日

 

このおたよりでは、

筆者が、できるだけ変化を排除し、

日々同じ生活の繰り返しを

つきつめていく過程をお伝えします。

そして、その中から哲学を

見出していきます。

この過程の中から見えてくる何かが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

登録者数:98名

 

おはようございます。

 

日々、牛歩のごとくに

数学の勉強をしております。

昨日は平方根の性質でした。

 

すると参考書

(松坂和夫著『数学読本1』)に

ある分野(今回は平方根)の性質を用いると

他の分野(今回は絶対値の積の証明)を

場合分けせずに統一的に

きれいに証明できる、

というようなことが書かれていました。

 

数学は学問でありながら

証明のプロセスにおいて

エレガントさが競われるところが

面白く、惹かれています。

 

数学におけるエレガントさというのは

おそらく、

プロセスの普遍性、簡単さ、短さ

にあるのではないかと思います。

一般的なエレガントさというのは

上品さ、優雅さ

(新明解国語辞典第6版より要約)

なので、少し意味合いが異なります。

 

しかしながら、

「ある分野の性質を用いると

他の分野で統一的で

きれいな証明が可能」

というのは、

「数学の性質を用いると

生活を統一的に

きれいにすることが可能」

と応用できるかと思います。

例えば、数学では例外対応が不要であり、

すべてが収まるべきところに収まる

というのは理想的な片づけと同じです。

 

私は毎日同じことを繰り返したい

という願望を持っており、それは

すべてのタスクが

スケジュールというしかるべき箱の中に

収まっている状態である、

と言うことができ、それはつまり

美しい世界に生きる、という

私の目標である。

 

といった感じで、論理的な飛躍が

あったかもしれないけれど

私の生活と目標における証明を

これで終わりにしたいと思います。

 

それでは、みなさま

良い1日をお過ごしください。

2016年2月12日

伊藤 文

 

○サービスのご案内○

【手書きの文字を書きます】

D.手書き文字を書きます

 

○ご意見、ご感想、お問い合わせは
こちらまで
(ご感想は紹介させていただくことが
ございます。
紹介不可の場合、
その旨もご記載ください。)

お問い合わせ

○発行者○  伊藤 文(いとう ふみ)
○E-mail○  7fumi23@gmail.com
○HP○    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

○メルマガの講読解除は
下記URLをクリックしてください。

メルマガ登録・解除フォーム

ご購読ありがとうございました。