【LADYLIKE】パッケージされた世界観

今日も近所の大学の卒業制作展を
見に行ってきました。
今日見たのはファッションではなく、
プロダクトや設計の展示でした。

私が心惹かれたのはプロダクトの展示でした。
ガーランド(ペーパーデコレーション)の展示が
作った学生さんの世界観が
ひとまとまりになって見えて、
とても楽しかったです。
先日見たユニセックスのブランドの
ショーをしていた学生さんに
ひかれた理由を考えてみても、
そこには
「パッケージされた世界観」
があるように思いました。
世界観が統一されているのがうらやましい。

私にも好きなテイストがありますが、
重厚なクラシックか
真っ白なプレーンかで
いつも悩みます。
自宅も職場もそれが混在しているので
いつも未完成な感じで
達成感や落ち着きを得られません。

しかし落ち着いて見回してみると、どうやら
身の周りは重厚なクラシックな、
出力する物は真っ白なプレーンが多いような…
たとえばこのサイトも真っ白。
広告をつけないのは静けさを保つためです。
ワードローブ設計でお渡しするPDFも
服の色が見やすいようにと
背景は真っ白です。

とするとインテリアはやはり
重厚なクラシックにまとめればよいですね。
やっぱりラグを敷こうかなあ。
探している洋裁用具の入れ物も
どんなものを探せばよいのか
見当がついてきますね。
今暫定的に使っているのは
ダークブラウンのポーチなので
色は目指す方向に合っているけれど、
やはり、箱だ。

それから、今日見たガーランドの作品を
見て思い出したのは、
私は昔からキットものが好きだということです。
必要なものがいろいろ詰め込まれていて、
そこから何かを生み出せるというワクワク感。
洋裁用具もキット感を出して
詰めようと思います。