【生活のしくみ化】複数の実例を見せられるとやらざるを得なくなる

○生活のしくみ化だより 238通目○

複数の実例を見せられるとやらざるを得なくなる

2016年2月14日

 

このおたよりでは、

筆者が、できるだけ変化を排除し、

日々同じ生活の繰り返しを

つきつめていく過程をお伝えします。

そして、その中から哲学を

見出していきます。

この過程の中から見えてくる何かが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

登録者数:97名

 

おはようございます。

 

今日も片付けの話です。

 

雑誌『POPEYE』が仕事特集をしていたので

買って読んでみました。

そこで見たデザイナー兼エンジニアの

平瀬謙太朗氏のオフィスに驚きました。

デスクの上にパソコンしかありません。

紙や文具はいずこへ…?と

ドキドキしましたが

あ、「デスクの上には」かと気づき

ホッとしたものの、

いやいや、デスクの上限定だとしても

パソコンしかないというのは

実現している人は少ないもの。

ミニマリスト本で物がない家は見ましたが、

職場でもそれが可能だということを

証明されました。

 

そのように実際にできている人の例を

複数見せられたり、

場面が異なっても実行可能であることを

見せられると、

不可能ではないと思わせられて、

試行錯誤するようになりますね。

手元にあると便利だから、

と机上に置いていた

付箋と辞書を棚に戻してみました。

 

それでは、みなさま

良い1日をお過ごしください。

2016年2月14日

伊藤 文

 

○サービスのご案内○

【手書きの文字を書きます】

D.手書き文字を書きます

 

○ご意見、ご感想、お問い合わせは
こちらまで
(ご感想は紹介させていただくことが
ございます。
紹介不可の場合、
その旨もご記載ください。)

お問い合わせ

○発行者○  伊藤 文(いとう ふみ)
○E-mail○  7fumi23@gmail.com
○HP○    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

○メルマガの講読解除は
下記URLをクリックしてください。

メルマガ登録・解除フォーム

ご購読ありがとうございました。