【生活のしくみ化】頭の使い型

○生活のしくみ化だより 240通目○

頭の使い型

2016年2月16日

 

このおたよりでは、

筆者が、できるだけ変化を排除し、

日々同じ生活の繰り返しを

つきつめていく過程をお伝えします。

そして、その中から哲学を

見出していきます。

この過程の中から見えてくる何かが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

登録者数:96名

 

おはようございます。

 

最近は朝の通勤中に速読をし、

職場に着いたら業務にとりかかる前に

数学の勉強をしているのですが、

これが良い頭の準備運動になっております。

速読はまったくの受け身ですが、

速く動かす。

数学の勉強はゆっくりだけれど能動的に。

相互補完の関係になっています。

また数学の勉強は、日々の様々なことから

普遍的なパターンを抽出するという

思考方法のゴール設定にもなっています。

そして業務にとりかかる。

昼過ぎにちょっと電池切れをして

夕方にもうひとがんばり。

夜は1日を振り返りつつ、

翌朝書くメルマガの内容に

当たりをつけることが

クールダウンにあたるでしょうか。

 

そういった感じで、頭の使い方も

パターン化されてきました。

みなさまもよろしければ

ご自身の力を発揮しやすい頭の使い型を

設定してみてください。

 

それでは、みなさま

良い1日をお過ごしください。

2016年2月16日

伊藤 文

 

○サービスのご案内○

【手書きの文字を書きます】

D.手書き文字を書きます

 

○ご意見、ご感想、お問い合わせは
こちらまで
(ご感想は紹介させていただくことが
ございます。
紹介不可の場合、
その旨もご記載ください。)

お問い合わせ

○発行者○  伊藤 文(いとう ふみ)
○E-mail○  7fumi23@gmail.com
○HP○    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

○メルマガの講読解除は
下記URLをクリックしてください。

メルマガ登録・解除フォーム

ご購読ありがとうございました。