【生活のしくみ化】自分が取った行動は投資だったか?

○生活のしくみ化だより 244通目○

自分が取った行動は投資だったか?

2016年2月20日

 

このおたよりでは、

筆者が、できるだけ変化を排除し、

日々同じ生活の繰り返しを

つきつめていく過程をお伝えします。

そして、その中から哲学を

見出していきます。

この過程の中から見えてくる何かが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

登録者数:96名

 

おはようございます。

 

田口智隆著『お金持ちになった人が

貧乏な頃からやっていること』

を読みました。

 

その中に、1日に使ったお金を

投資・消費・浪費に分ける、

というのがあり、やってみています。

 

すると、例えば

たまには違うものが食べたい

と思ってお菓子を買おうかと思っても

いや、これは浪費だ…サラダにしておくか、

となって面白いです。

 

1日の振り返りで自分の行動を

投資・消費・浪費に分けてみると

面白いかもしれない、と思い

挑戦したのですが、

お金の使い道ほど

すんなり分けられませんでした。

 

その本には、「学んでいることから

回収できそうかどうか」というのが

1つの基準として紹介されているのですが、

お金を稼げるかどうかに

焦点を当て過ぎると、

自分が思い描いたのとは異なる方向に

行っている気がするようなことが

あるのです。

目の前の利益を求めるあまり、

自分が今やっていることは

本当にやりたいことだったのかなと

不安になることがあるというか。

 

お金の使い道であれば、

お金が物や経験に変換されて、

それがどうなったかを判断する、という

ワンクッションがあります。

あるいはお金の使い道が食べ物であれば

栄養学という確立された判断基準に

委ねれば良い部分があります。

 

しかし、

自分の行動が投資だったかどうかを

お金を稼げたかだけで判断されることや

はっきり言って現状では

お金を稼げていないことや

今ある目標が実はまだ漠然としていたことを

認めたくないから、

投資だと思いたいけど

実はそうじゃないかも、

と思い、判断が難しくなるのでしょう。

 

だからと言って何もしないで

手をこまねいていても仕方ないので、

ひとまず稼ぐことは置いておいて、

漠然としていてもその目標達成に

近づいた行動だったかで

腑分けを続けることにします。

まずは今日の行動を始める前に

目標を確認するところから。

 

それでは、みなさま

良い1日をお過ごしください。

2016年2月20日

伊藤 文

 

○サービスのご案内○

【手書きの文字を書きます】

D.手書き文字を書きます

 

○ご意見、ご感想、お問い合わせは
こちらまで
(ご感想は紹介させていただくことが
ございます。
紹介不可の場合、
その旨もご記載ください。)

お問い合わせ

○発行者○  伊藤 文(いとう ふみ)
○E-mail○  7fumi23@gmail.com
○HP○    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

○メルマガの講読解除は
下記URLをクリックしてください。

メルマガ登録・解除フォーム

ご購読ありがとうございました。