【LADYLIKE】キットの楽しさ

同僚がかわいい箱を持っていたので、
「何それ!?」と教えてもらいました。
すると、毎月変わるテーマに沿って
いろいろとかわいいものがつめこまれて
送られてくるサービスだそう。
私はつい「中身いらないから
箱だけほしいなあ」と思ってしまいます。
ビックリマンチョコ現象ですね。
とはいうものの、やはり
お楽しみボックスが毎月届くというのは
ワクワクします。

どこにワクワクするのか。
もちろん何が届くかわからないところ
もあるでしょう。
しかしビックリマンチョコ現象派の
私にとっては
それは当てはまりません。
でもワクワクする。

つめこまれているものの小ささと
そのつめこまれたもの1つ1つがかわいい、
というかわいいの入れ子構造ではないか。
1つで2度おいしい、ということですね。
さらにそれを使うことによって
自分がかわいくなれたりしたら、
その入れ子は三重です。

こういうサービスってあったんだ、
と感心しつつ、もし自分が毎月
きっとものを作るとしたら
どういうプロセスになるのかな?
と空想すると、
1.テーマを決める。
2.それにまつわるエピソードや
ストーリーを作る。
3.そのストーリーに登場するものを
つめこむ。

箱を開けるとストーリーが流れ出して
それを追体験できる、
という立体の本みたいなのが
きっと楽しいんだろうなあ、
と今日も空想してみるのでした。