【LADYLIKE】お出かけ着と仕事着の分かれ目

仕事着にしていた赤いカーディガンの
着た感じが最近良くないなあ、
と思っていました。
私はお腹が出ているので
裾が上がってくるし、
最近なんだか
襟ぐりがよれているかなあ、と。

私は仕事中はジャケットを脱いで、
寒い時には首にマフラーを巻いています。
今日もそのスタイルで働いていて、
昼休みに歯磨きをしながら
なんとはなしに鏡を見ていると、
マフラーとカーディガンの襟ぐりが
なんだか調和しているのです。
それを見て思いました。
「この赤いカーディガンは
お出かけ用に回せばいいんだ」と。
以前、白いカーディガンの丈の長さが
なんとなくダサくて仕事着に回したら
ちょうど良くなったのと、逆の現象です。

同じカーディガンなのに
どうしてそんなことが起こるのかなあ、
と考えてみると、今回のポイントは
ウエストライン(裾)の高さと
襟ぐりでした。

まず、ウエストラインのことでいうと、
赤いカーディガンは裾があがってくる、
白いカーディガンは丈が長い、
ということは、
お出かけ着はウエストラインの高いものを、
仕事着はウエストラインの低いものを、
と言えます。
ウエストラインの高いデザインは
ドレスにわりと見られるデザインです。

それから、襟ぐりのことでいうと、
お出かけ着は襟なしが多いので襟ぐりは深く、
仕事着はシャツの第1ボタンまでとめるので
襟ぐりの詰まったものを、
と言えます。
襟ぐりが深いデザインは
夜のドレスによく見られます。
肌を見せると
フォーマルの度合いが高くなるのです。
肌見せは非日常的だからでしょうか。
機能的でもありませんしね。

ということで、
ウエストラインと襟ぐりだけで
お出かけ着と仕事着の分かれ目を考えると、
お出かけ着はフォーマル寄り、
仕事着はカジュアル寄り、
と言えます。
私は仕事着にはスーツを着ているので
やや意外な気もしますが、
仕事中の作業ではちょこまか動くので
動きやすさが必要ですし、
お出かけ着にはときめきがあるとうれしい
ことを思えば、何ら不思議はないですね。

これからトップスを買うときの
指針ができました。

LL2016-02-29お出かけ着と仕事着
○サービスのご案内○

【あなたを服選びの悩みから解放します】

A.あなたを服選びの悩みから解放します

Please follow and like us: