持っているもので何をするか

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
片付けを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 255通目◯

持っているもので何をするか

2016年3月2日

 

このおたよりでは、

筆者が、できるだけ変化を排除し、

日々同じ生活の繰り返しを

つきつめていく過程をお伝えします。

そして、その中から哲学を

見出していきます。

この過程の中から見えてくる何かが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

登録者数:95名

 

おはようございます。

 

せっかくミニマリストになったのだから

今より狭くて安くて

オシャレな家に住みたい、

ということで、

自宅も引っ越すことにしました。

 

狭くなりますから、今回は

棚や衣装ケースなど、

大物も手放します。

引越し日が我が家の粗大ゴミの日より

前になってしまったので、

大物処分は業者さんに

お願いすることにしました。

 

すると、処分費用の

見積金額の高さにびっくり!

購入と同じくらい

かかっているのではないか?

と一瞬疑ってしまうほど。

買い替えと違って処分の場合は

次に利益を得る人がいないですし、

物を処分することによって得た

時空間の価値だ

と言われればそれまでですが、

それにしても驚きの高額です。

 

そこで「物を処分する時に

購入時と同じくらい料金が

かかるとしたら?」

を仮に考えてみました。

買わない人と捨てない人に

二極化するかも、

レンタルビジネスが活発になるかな、

作りの良い商品や修理が増えるといいな、

でも不法投棄が増えてしまうかも、

といろいろ考えられます。

 

処分にも費用がかかるようになった今、

つまり所有しない、もしくは

所有し続ける状態が安定なのだとしたら、

結局わたしたちは

どうすれば良いのでしょう?

 

持つことの意味は、実用と

自分の行動・嗜好を

客観視できることにあると考えています。

所有し続けるのであれば

それらのもので何をするかが大事。

服であれば、

服を買いに行くための服が必要

なんて言われたりもしますが、

そうではなくて、

見られる場面に行くために持つこと。

 

なぜ自分はそれを持ち続けるのか、

それをより活用するには

どうしたら良いのか、

今まで以上に考える必要が

出てきましたね。

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2016年3月2日

伊藤 文

 


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メールマガジンの登録・解除はこちらから
ご講読ありがとうございました。
 
ランキングに参加しています。
よかったらクリックお願いします(*^^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村