【生活のしくみ化】収納場所は少数精鋭に

○生活のしくみ化だより 256通目○

収納場所は少数精鋭に

2016年3月3日

 

このおたよりでは、

筆者が、できるだけ変化を排除し、

日々同じ生活の繰り返しを

つきつめていく過程をお伝えします。

そして、その中から哲学を

見出していきます。

この過程の中から見えてくる何かが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

登録者数:95名

 

おはようございます。

 

昨日は今より狭い家に

引っ越す話をしました。

新居の収納場所は

キッチン、クローゼット、

持っていくスチールシェルフ1個

の3ヶ所です。

 

対して現在の住まいに

入居した時の収納場所は造り付けが

キッチン、クローゼット、

物入れ(小)、洗面所、玄関、

持ってきたスチールシェルフに加えて

カラーボックス(大)2個(小)1個、

本棚(小)1個

でした。

どれだけ収納場所が減るか、

ご想像いただけるかと思います。

 

収納場所がたくさんあることは

物を増やすことにつながりますが、

物が分散することにもつながります。

 

物を収納するときには

何らかの分類をして収納するわけですが、

分類方法には物別、用途別と複数あります。

例えばアイロンなら

家事用品とすれば物入れに、

洋裁用品とすれば棚に行くというように、

分類方法によって

行き先が変わったりします。

 

でも収納場所が少なければ

どう分類したって、結局は

同じ場所に入る可能性が高くなります。

 

それから収納場所が少なければ、

取りに行く先が限定されるので、

家の中の動線が集約されます。

無駄な動きがなくなりますし、

ついでにあれも取ってくる

と言って複数同時タスクも

やりやすくなるでしょう。

改善のための分類替えも簡単です。

 

ではどうすれば収納場所を

少数精鋭にできるか?

 

もちろん一歩目は

物の絶対量を減らすことです。

やりやすいところでいうと、

ストックをやめる。

 

それから収納場所が

少なくなるのですから、

使える収納場所の

奥行きと高さをフル活用します。

取り出しやすくないと意味がないので、

引き出しや仕切り、

積み重ねられる入れ物を活用しましょう。

 

それから、収納場所1箇所につき

1グループになるように、

分類を大きくする。

私の新居で例えると、

衣類、書類、その他、です。

 

収納場所を少数精鋭にすることは

何と言ってもわかりやすいことが魅力です。

あれどこにやったっけな?と思っても、

3択(うちの例)ですから。

 

それでは、みなさま

良い1日をお過ごしください。

2016年3月3日

伊藤 文

 

○サービスのご案内○

【あなたを服選びの悩みから解放します】

A.あなたを服選びの悩みから解放します

【手書きの文字を書きます】

D.手書き文字を書きます

 

○ご意見、ご感想、お問い合わせは
こちらまで
(ご感想は紹介させていただくことが
ございます。
紹介不可の場合、
その旨もご記載ください。)

お問い合わせ

○発行者○  伊藤 文(いとう ふみ)
○E-mail○  7fumi23@gmail.com
○HP○    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

○メルマガの講読解除は
下記URLをクリックしてください。

メルマガ登録・解除フォーム

ご購読ありがとうございました。