【LADYLIKE】素晴らしい仕事の後ろにあるもの

今日は洋裁教室の生徒さんと一緒に
リュビネル刺繍という、
オートクチュール(高級注文服)で使われる
刺繍の体験教室に行ってきました。
ステッチやビーズ・スパンコールの作品は
どれも絶句するほどのすごい手仕事でした。
先生は説明しながら
スッスッとやってしまわれるのですが、
実際にやってみるとそう簡単には
針が生地を通ってくれず、
難しかったです。
(写真は教室で私が縫ってみたもの。
背景の赤いツイードは、
会場となったお店のご主人の計らいの
シャネルの端切れ。)
LL2016-03-13リュビネル刺繍

しかしなぜ、そこまで多大な
時間と労力をかけるのでしょうね。
世の中にはもっと
速くて簡単で安い製品が
たくさんあるというのに。
会場となったお店の奥様は
「良い生地に値する仕事をする」と、
先生は
「見えない部分にどれだけ配慮しているかが
言葉にならないエネルギー、印象となって
作品に表れる。」
とおっしゃっていました。
自分が受けた感動があまりにも大きく、
それを伝えなければ!という使命感に
駆られているのかもしれませんし、
それをやることが楽しくて仕方ない、
それが遊びであるのかもしれません。

私は私で、服を作ったり選んだり、
作り方を教えたり服について伝えたり、
その他もろもろの
仕事をしているわけですが、
自分はどのように
仕事に思いをこめていくのかな
と考えてみると、まず

試行の数を増やす。
これが手間隙をかけることに相当します。
つべこべ言わずにいろいろ試せ!

そして、仕上がりのイメージを持つ。
ジャケットやパンツの製作教室でも
「自分の作りたいイメージの写真を
持ってきてください」と言われます。
毎朝「今日のゴール」を考えてもいるように、
自分が何を求めているのかを
できれば具体的に、確認する。

そして、試行の段階でも
イメージ作りの段階でも
書き出して一覧する。
それがよく練ることに相当するかと。

素晴らしい仕事にかけられた
多大な労力の大変さというのは
製品からは見えないものですが、
こと、ものづくりにおいては
試行の段階にしろ、製作の段階にしろ
そういった労力がかけられているからこそ
素晴らしい仕事たりえます。
まず、量をこなせ。