天然繊維至上主義

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
片付けを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。

◯オススメ記事はこちらをどうぞ◯


結局、新居のクローゼットには
持っていた服のすべてが入りはするものの、
ぎゅうぎゅうになってしまうので、
ワンマイルウェアを少し
処分することにしました。

この時処分するかしないかの
判断基準になったのは、
素材でした。
合成繊維(多くがポリエステル)は処分、
天然繊維は残留、です。
ポリエステル製の服には
大量生産のイメージがあるせいか、
捨てても買い直せば大丈夫、
といった気持ちがあります。

よくよく考えてみると、
天然繊維よりも合成繊維の方が
原料が生まれるまでに
長い長い時間がかかっているのに。

合成の材料でできた物には
古くなっても
味が出てこないからでしょうか。
塩ビなんかは寿命が3−5年と
はっきりしていますしね。

でも合成繊維の服にこそ
長い使用に耐えうる
デザインを付与することが必要だなあ、
と思いつつ、自分の服作りにはやっぱり
天然繊維を選んでしまうのでした。


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯ご提供中のサービスはこちらです。

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村