【生活のしくみ化】直接的な解決法ではないけれど

○生活のしくみ化だより 290通目○

直接的な解決法ではないけれど

2016年4月6日

 

このおたよりでは、

筆者が、できるだけ変化を排除し、

日々同じ生活の繰り返しを

つきつめていく過程をお伝えします。

そして、その中から哲学を

見出していきます。

この過程の中から見えてくる何かが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

登録者数:92名

 

おはようございます。

 

昨日は同僚たちと話をしているうちに

私はミニマリストを

目指していることについての話に

なってしまいました。

 

皆、職場の占有スペースに置いてある

私の荷物が少ないことは知っているものの

改めて聞かされると

「なんでそんなことするの?」

という反応でした。

 

私からすると

「私にはそんなにたくさんの物を

管理できないので…」

という普通の回答になリます。

「逆に、みなさんは

そんなにたくさんの物を管理できて

すごいですね」と。

 

自分の人生をなんとかしたいとか、

幸せになりたいと思って、人は

MBAの修得したり、英会話を習ったり、

婚活したりすると思うのですが、

それがミニマリストを目指す人たちの場合は

「持ち物を減らす」なのです。

 

直接的には何か問題を

解決しているように見えないので

不思議に思われるのですね。

 

物の管理にかかるコストを減らせたり

逆に丁寧に手入れをしたり、

空いたスペースを楽しんだり、

人との交流が活発になったり、

確かに直接的でも大きな効果を

もたらすことでもないけれど、

それがじわじわと、

積み重なって効いてきた結果、

人生をなんとかできたり

幸せを感じられたりするのだと思います。

 

私もそういえば、

これまでは休日にも予定が入って

掃除をできていなかったけれど、

狭い部屋に越してきて

さらに荷物を減らすことができ、

毎日掃除をするようになり、

ありえないと思っていた

「片づいていて、かつ、きれいな部屋」

を手に入れることができました。

 

それではみなさま、

よい1日をお過ごしください。

2016年4月6日

伊藤 文

 

○サービスのご案内○

【あなたを服選びの悩みから解放します】

A.あなたを服選びの悩みから解放します


【手書きの文字を書きます】

D.手書き文字を書きます

 

○ご意見、ご感想、お問い合わせは
こちらまで
(ご感想は紹介させていただくことが
ございます。
紹介不可の場合、
その旨もご記載ください。)

お問い合わせ

○発行者○  伊藤 文(いとう ふみ)
○E-mail○  7fumi23@gmail.com
○HP○    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

○メルマガの講読解除は
下記URLをクリックしてください。

メルマガ登録・解除フォーム

ご購読ありがとうございました。