【生活のしくみ化】「これだけなんだ」という喜び

○生活のしくみ化だより 301通目○

「これだけなんだ」という喜び

2016年4月17日

 

このおたよりでは、

筆者が、できるだけ変化を排除し、

日々同じ生活の繰り返しを

つきつめていく過程をお伝えします。

そして、その中から哲学を

見出していきます。

この過程の中から見えてくる何かが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

登録者数:92名

 

おはようございます。

 

昨日は天気が良かったので

カーテンを開け放って

アイロンがけやら繕いものやら

デスクワークやらをしていました。

気候も良かったので

本当に気持ちが良かったですね。

 

居間のテーブルについて首を横に振ると、

家全体が見渡せます。

職場の居室と同じくらいしかない、

旧居と比べれば

3分の2ほどのスペースですが、

その時私には

「これだけなんだ…!!」という喜びが

満ちあふれていました。

手に負える範囲で収まっている喜び

と言いましょうか。

毎日楽に掃除できる、なんていうのも

その副産物だと思います。

 

普通は物事を大きく広くしていくことが

良しとされているのかもしれないけれど、

小さく小さくしていって

自分の手にすべてが収まることも

場合によってはうれしく感じられる、

ということを

まだ数えられる範囲の92名の方に

述べておきたいと思います。

 

それではみなさま、

よい1日をお過ごしください。

2016年4月17日

伊藤 文

 

○サービスのご案内○

【あなたを服選びの悩みから解放します】

A.あなたを服選びの悩みから解放します

【手書きの文字を書きます】

D.手書き文字を書きます

 

○ご意見、ご感想、お問い合わせは
こちらまで
(ご感想は紹介させていただくことが
ございます。
紹介不可の場合、
その旨もご記載ください。)

お問い合わせ

○発行者○  伊藤 文(いとう ふみ)
○E-mail○  7fumi23@gmail.com
○HP○    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

○メルマガの講読解除は
下記URLをクリックしてください。

メルマガ登録・解除フォーム

ご購読ありがとうございました。