「わたしがブランド」

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
片付けを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。

◯オススメ記事はこちらをどうぞ◯


佐藤可士和、四国タオル工業組合著
『今治タオル 奇跡の復活
起死回生のブランド戦略』
を読んでいます。

わたしはタオルが好きですが、
高級品への憧れをもちつつ、
使っているうちに赤や黒のカビが生えてきて
期待したよりは長く使えないのが残念で、
安いタオルを短いスパンで使っています。
でもやはりこの本を読むと、
今治タオルを使ってみたくなります。

この本の中で、四国タオル工業組合が
伊勢丹に出店する際、
「佐藤可士和デザインの
オリジナルタオルを
伊勢丹だけで販売すること」
という条件が出されます。
二章の四国タオル工業組合著の部分で
明記されていますが、
佐藤可士和氏がやる、ということが
ブランドになっていますよね。

美空ひばり氏もHANAE MORIに
衣装を作らせる際、
HANAE MORIのスタッフが
いくつかの衣装を提示したところ
美空氏が「もっと高いのないの?」と
聞くと、HANAE MORIスタッフは
「300万円までなら責任を持てますが、
それ以上はちょっと…」
と難色を示したのに対し、
「私が着ればブランドになるんだから
もっと高いの持ってきなさい!」と
美空氏が切り返したという逸話を
聞いたこともあります。

自分がブランドになるということは
自分がそれだけ認められているという
優越感もありますが、
企業ブランドと同じで
責任も発生してきます。

ブランドを築くには長い時間がかかっても
失うのは一瞬です。

それで商売をしていなければ
「マイブームが変わりました」の一言で
済むかもしれないけれど、
自分がブランドになって
責任を負えるかなあ、と想像すると
そこを目指すにはもう少し
時間をおきたい、
と思ってしまいました。
でもこうして質はともかく
発信しているということは
そこを目指したいのでしょう。


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯ご提供中のサービスはこちらです。

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村