【生活のしくみ化】「まだ人生には楽しいことがあったんだ!」

○生活のしくみ化だより 346通目○

「まだ人生には楽しいことがあったんだ!」

2016年6月1日

 

このおたよりでは、

身の回りを整えることが大好きな筆者が、

身の回りを整えることが

日々の生活や仕事にどのような

良い影響を与えていくかを

検証する過程をお伝えします。

この過程の中から見えてくる何かが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

登録者数:92名

 

おはようございます。

 

今日のお話に入る前に。。。

昨日のメルマガは差出人名を切り替え忘れて

デフォルトの「サンプル メールマガジン」

という名前でお届けしてしまいました。

失礼いたしました。。。

迷惑メールフォルダに入っている方も

いらっしゃるかと思いますので、

開けてお読みいただければ幸いです。

タイトルは「198円で買っているもの」、

私は何にお金を払っているのか?を

見直してみたお話です。

 

さて今日のお話。

昨日は久しぶりにKさんとお話ししていました。

私はこれからどうしていくか、を相談していて

いろいろとアイディアもいただきました。

(ありがとうございます!)

 

その中で

「伊藤さん、変わりましたよね〜」

とのお言葉をいただきました。

確かに疲弊して肩の力が抜けて

引っ越して毎日を気持ちよく

過ごすようになった。

自分では毎日が地続きだから

「ちょっと変わったかな〜」

くらいに思っていましたが、

他者の目をお借りすると

激変のようなのです。

 

「何事も一生懸命やりなさい」

という親の教えに従っていた時には

肩の力を抜いて生きるなんて

想像もできなかったので

(テレビや書籍でそういう人の存在を

目にしていたにもかかわらずですよ。)

確かに激変なのかもしれません。

 

この1年でこれだけ変わったのだから

この次の1年でどれだけ変わるか

楽しみですよね、そうですよね、

というやりとりではたと気がつきました。

「私の人生にもまだ楽しみがあったんだ!」と。

何ヶ月か前、疲弊していた時には

「もうこの先の人生には

楽しいことなんて何1つない」

と思ってました。本気で。

だから私にとっては大きな気づきでした。

 

その気づきをもたらしたものは

パッと思いつくところで2つです。

 

1つはやるべきことをかなぐり捨てても

自分の気持ちに従って

やりたいことをやったこと。

私でいうと引っ越しと

ファッションの変化、など。

 

もう1つはやはり

他者の視点や考えをいただいたこと。

自分1人ではどうしても

凝り固まりますものね。

 

今後もこの2つを続けつつ

さらに肩の力を抜いて

まだ見ぬ自分に会いに行きたいと思います。

 

それではみなさま、

よい1日をお過ごしください。

2016年6月1日

伊藤 文

 

○サービスのご案内○

【あなたを服選びの悩みから解放します】

A.あなたを服選びの悩みから解放します

【手書きの文字を書きます】

D.手書き文字を書きます

 

○ご意見、ご感想、お問い合わせは
こちらまで
(ご感想は紹介させていただくことが
ございます。
紹介不可の場合、
その旨もご記載ください。)

お問い合わせ

○発行者○  伊藤 文(いとう ふみ)
○E-mail○  7fumi23@gmail.com
○HP○    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

○メルマガの講読解除は
下記URLをクリックしてください。

メルマガ登録・解除フォーム

ご購読ありがとうございました。

Please follow and like us: