あなたを「起きられる人」にして差し上げます

○生活のしくみ化だより 51通目○

あなたを「起きられる人」にして

差し上げます

2015年8月11日

このおたよりでは、

時間・行動・空間を管理して

もっと自分の思い通りの日々を過ごしたい!

とお思いの方に

生活のしくみ化コンサルタントの私が

続けてきたこと、

現在試していることで

よかったことだめだったことなど、

きちんと系の内容をお話ししていきます。

よろしければ参考になさってください。

登録者数:64名

○今日のおたより○

おはようございます。

昨日はどんな1日でしたか?

昨日から親が泊まりに来ています。

すこぶる元気ではありますが、

やはり加齢の色は隠せず、

眠りも浅くなってきているのだそうです。

「もう寝ていられないんだ」と。

だからちょっとした物音で起きてしまい、

それはあまり心地よくない

ことのようなのです。

だからこれまでは、親が来ると

私の早起きも遠慮がちになっていました。

親の睡眠を邪魔しないようにと。

いつもは3時に起きる私ですが、

今回も親が来ている間は

少し遠慮しようと思っていました。

しかしメルマガを5時前に配信するのは

守りたい。

だからいつもは、寝る前には

メモ書き程度しかしていなかったり、

テーマだけしか決めていなかったメルマガも

昨日は、完成形まで書いていました。

そうすれば、4時半前に起きれば

間に合うはずです。

早起きの部活で

4時半に起きられたかどうかの

継続日数を記録しているので、

そのためにも4時半には

起きていたかったですし。

昨夜は親と外食をして、そのあとついつい

ウィンドウショッピングをしてしまい、

そこからブログを書いて、

友人とイベントの計画のやりとりも

していたので、ベッドに入ったのは

0時近くになっていました。

けれど、今日の起床時刻は3時でした。

その時、自分に呆れると同時に

思うことがありました。

私は30歳になった頃、半年くらい

死にたいと思っていました。

自分のあまりの役に立たなさに。

それまでの人生の中ではかなり

真剣に死にたいと思っていましたが、

でも自分が本当には死なないことも

わかっていました。

本当に自分で命を絶ってしまう人は、

誰にも言わずに「死ななきゃ」と思って

その行為を行ってしまう、

とどこかで読んだことがあったからです。

その時の私は

「死にたい」という希望形でしたし

さすがに人数は多くないものの、

人に言えていました。

早起きもそれに少し似ているところが

あるのではないかと思うのです。

「早起きしたい」

と希望形で言っているうちは

まだ早起きできないのではないかと。

これまで私が早起きしていた時期のことを

思い返すと、

通学路で怖い先輩に会いたくないとか、

満員電車に乗りたくないとか、

勉強している姿を

人に見られないようにする必要があるとか、

次の仕事を決めなければならないとか、

「早起きしなきゃ」という状況でした。

そしてついに

「寝ていられない」という境地に

たどり着けたようです。

さて、私のメルマガにしては

珍しく長く書きました。

ここまでお読みくださったあなたは

だいぶ早起きをしたい人なのではないかと

思います。

そんなあなたにご提案です。

【あなたを「起きられる人」にして

差し上げます】

これまで「早起きには

体質や生活環境が関係するから」と

あまり強くはお話ししてきませんでした。

けれども正直、心の中で

「それを言っているようでは

早起きは無理ですね」とこっそり思うことが

何回かありました。

先日かなり有意義な飲み会があり、それは

それに行かなかった人は損をしていると

100%言い切っていいくらいの

飲み会であることは

行く前からはっきりしていたのですが、

それでも私は断りました。

それに出ていたら翌朝起きられないことは

火を見るよりも明らかだからです。

ほぼ100%の確率で

毎日3時に起きる人のマインドは、

こういうマインドだということです。

だから、早起きしたいけど起きられない人は

おそらくいろいろと言い訳があります。

それを私が潰して差し上げよう、

というサービスです。

対象は、起きたい時刻は

何時でもいいですが、

(時刻は相対的なものだからです)

ほぼ100%と言えるくらいの確率まで

持っていきたい方です。

手段はメールでのやりとりにします。

起きたら「おはようございます」の

挨拶をしていただくこと、

今日のスケジュールと昨日の振り返りを

報告していただくことです。

最初にお伺いするご希望を一応踏まえつつ、

「それやってたら

翌朝起きられないだろうな」

と思うところを指摘させていただいたり、

「もっとこうしたらよいのでは?」

というご提案をさせていただきます。

私もコーチとしては

試行錯誤なところが否めませんので、

試しに1ヶ月間、9,800円を

先着3名様で。

受けてみたい方は

7fumi23@gmail.com

までご連絡ください。

自分の早起きに対する本気度を試す

いい機会だと思います。

本当に早起きしたい方の

ご応募をお待ちしております。

○ご意見、ご感想、お問い合わせは
こちらまで
(ご感想は紹介させていただくことが
ございます。
紹介不可の場合、
その旨もご記載ください。)
7fumi23@gmail.com

○発行者○  伊藤 文(いとう ふみ)
○E-mail○  7fumi23@gmail.com
○HP○    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

○メルマガの講読解除は
下記URLをクリックしてください。
https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=7fumi23
ご購読ありがとうございました。

Please follow and like us: