わたしのお気に入り#2
ミニボストンバッグ

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
片付けを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。

◯オススメ記事はこちらをどうぞ◯


前の職場に就職した時、
記念にpumaのピンクのリュックを
買ってもらいました。
自転車通勤だったので。
でも途中で
出張にリュックで行くのは変、
ということに気がついたので
出張に行けるバッグを探していました。
(今では防災リュックとして待機中)

そんな時、LONGCHAMPで
カスタムメイドフェアをやっているのを
見かけました。
LONGCHAMPのナイロントートは
折りたためるので、
出張先でA4サイズの資料が配られた時は
そのバッグを出して持ち運び、
帰宅時は
書類とたたんだナイロントートを
大きなバッグに詰めたら便利、
と思っていました。

でもわたしはブランド物がそれほど
好きではありません。
どこで買ったか
すぐにわかってしまうから。
だからLONGCHAMPも
ためらっていたのですが、
カスタムメイドにすれば
人と違えるので、
買うのは初めてだというのに
飛び込みました。

どの2色にするか
すごく迷っていると、
店員さんがベースを赤、
ポイントを燕脂、
という似通った2色の組み合わせを
勧めてくださいました。
最初はそんなに
ピンときていませんでしたが、
これがすごくよかった!
「よく見ると
いつも売ってるのとは違う」
というビミョーな違いが
わたしの好みに合いましたし、
同じ色の組み合わせにしている人を
未だ見たことがありませんから。
前の職場の最後の方から
このバッグ
通勤バッグにしていました。

しばらくLONGCHAMPを
使っていたのですが、
いかんせんナイロンです、
擦り切れて繊維が
ピンピンと飛び出してきてしまい、
みすぼらしくなったところで
引退させました。

その次に使ったのは
キタムラの紺のトートバッグです。
またしてもなぜブランド物?
理由は母のお下がりだから。
でもいつもブランドロゴは
隠して持っていますよ。
これもしばらく使っていましたが、
留め具がマグネットのボタンなので
中身をたくさん入れると
中が見えてしまうこと、
内張りが合皮だったので
剥がれてきてしまったこと
(結局コーティングは全部剥がして
掃除機で吸い取りました。
今は基布のベージュの綿が
見えています。)
それより何より、
荷物が重くて
肩がこって仕方がなかったので、
思い切って中身を減らしたら
スカスカになってしまい、
「こんなに大きなバッグを
持つ必要がないな」
と思ったのが使わなくなった理由でした。
今でも1、2泊の出張の時は使っています。

それで今は
このミニボストンを使っています。
これはもともと
お出かけ用バッグとして買ったもの。
買ったのは5、6年前でしょうか。
すでに合皮はコーティングが
剥がれてくることを
学習していたので、
外は本革、
中は剥がれてこない素材のものを
探していました。

友人とお店をブラブラしていた時に
目に止まり、
見た目も好みに合っているし
内張りは綿、しかも赤!!
一緒にいた友人にも
「文さん、それでしょ」
と言われたので、高かったけど即決。
このバッグは本革なので
重いのが難点ですが、
通勤バッグなら
通勤中しか持たないので大丈夫。
しかもB5サイズが入ります。
お出かけ用にも時々使っていますけどね。

先日、これを買った時に一緒にいた友人に
何年かぶりに会ったので、
このバッグを持って行きました。
「文さん、それってもしかして…」
と気づいてくれてうれしかったです。


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯ご提供中のサービスはこちらです。

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

Please follow and like us: