消耗品の買いもの

○生活のしくみ化だより 56通目○

消耗品の買いもの

2015年8月16日

このおたよりでは、

時間・行動・空間を管理して

もっと自分の思い通りの日々を過ごしたい!

とお思いの方に

生活のしくみ化コンサルタントの私が

続けてきたこと、

現在試していることで

よかったことだめだったことなど、

きちんと系の内容をお話ししていきます。

よろしければ参考になさってください。

登録者数:64名

○今日のおたより○

おはようございます。

昨日の「タンスの肥やしになっている服を

蘇らせてみませんか?」のお茶会に

ご参加くださったみなさま、

ありがとうございました!

今日は生活のしくみ化セミナーin大阪です。

お越しくださるみなさま、

よろしくお願いいたします。

それで昨日は

なぜ捨てても良いと考えたのか、

なぜ買い直す羽目になったのかを

よく考えて物を買い直していくと

一生買わなくて良い物が出てくる、

というお話をしました。

今日は消耗品についてのお話です。

消耗品に上記の考え方を適用していくと、

新しく買うときに選択の要素がなくなり

買い替えになります。

例えば先日、私は靴を買いました。

私にとって持っているべき靴というのは

決まっています。

黒パンプス1足、ヌードカラーの革と

エナメルのパンプス各1足です。

その日に履いていたのは

ピンクのエナメルのパンプスで、

革が伸びすぎてきたり、

中敷がはみ出てきたりしているのが

気になっていました。

だから同じピンクのエナメルのパンプスを

何足か試着し、足の裏の形があっている、

上から見たときに足が靴から

はみ出していないという私にとっての条件に

に合う靴を見つけ、

履いていた靴をお店の方に処分してもらい、

新しい靴を履いて帰りました。

そのときは条件に合う靴に巡り合うまでに

5足くらいかかったので

時間も20~30分かかってしまいましたが、

1足目で巡り会えたら

5分くらいで終わります。

百貨店で買い物をしているのに、

まるでスーパーで買い物メモを持って

買うような買い方です。

そして「1個買ったら1個捨てる」とは

片づけ界の常識ですが、

その「捨てる」も、

もはや家まで持って帰らない!

と言ってもこれも

片づけ界では常識ですが・・・

ということで上記をまとめると、

・自分にとって必要な物とそれぞれの物が

持っていてほしい条件を把握する。

・不用品は家まで持って帰らない。

をみなさまにご提案したいと思います。

それでは、みなさま

良い1日をお過ごしください。

2015年8月16日

伊藤 文

○セミナーのご案内○

第二領域への投資が自動的にできる
生活のしくみ化セミナー

気分の波に左右されずに

自分のやりたいことを

確実に実行していくためのヒントを

お伝えします。

○大阪

日時:2015年8月16日(日)
15:00-17:00
残席6

日時:2015年8月30日(日)
14:00-16:00
残席6

場所:市内です。
詳細は個別にお知らせいたします。

○東京、銀座

日時:2015年9月12日(土)
14:30-16:30

場所:詳細は個別にお知らせいたします。

残席5

◯愛知、名古屋

日時:2015年10月17日(土)
時刻未定

場所:市内です。
詳細は個別にお知らせいたします。

残席5

講師:伊藤 文

参加費:6,500円
(当日ご持参ください)

参加をご希望の方は、

7fumi23@gmail.com

までお知らせください。

○サービスのご案内○

早起きを定着させるための

メールコーチングをさせていただきます。

お試し価格9,800円は残り1名様です。

ご興味がありましたら

http://7fumi23.com/

の「サービスのご案内」のページを

ご覧ください。

○ご意見、ご感想、お問い合わせは
こちらまで
(ご感想は紹介させていただくことが
ございます。
紹介不可の場合、
その旨もご記載ください。)
7fumi23@gmail.com

○発行者○  伊藤 文(いとう ふみ)
○E-mail○  7fumi23@gmail.com
○HP○    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

○メルマガの講読解除は
下記URLをクリックしてください。
https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=7fumi23
ご購読ありがとうございました。

Please follow and like us: