【生活のしくみ化】シンプルライフを作る#28 過去の記憶を辿る

○生活のしくみ化だより 402通目○

シンプルライフを作る#28 過去の記憶を辿る

2016年7月27日

 

このおたよりでは、

身の回りを整えることが大好きな筆者が、

身の回りを整えることが

日々の生活や仕事にどのような

良い影響を与えていくかを

検証する過程をお伝えします。

この過程の中から見えてくる何かが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

登録者数:90名

 

おはようございます。

 

最近とにかく書き出していることの効用なのか、

過去の記憶が少しずつ引き出されます。

メルマガでシンプルライフを作るシリーズ

を始めるのと同時に、ブログでも

私のお気に入りシリーズを始めました。

人に公開する意義があるのか

自分でも迷っているところですが、

それを手にした時、使った時のことを

書いていたことも

過去の記憶を引き出す手伝いになったと思います。

 

それに伴って、「そういえばあの頃、

私はこういう風にしたいと思ってたんだっけ」

というのがいくつか思い出されてくると、

自分の本質的な欲求を確かめられたりします。

自分は何に喜びや憤りを感じていたのか、

もつらつらと書き出しているうちに

それがすべて繋がって、

「なんだ、私がやりたいのはこれだったんだ!」

ということがわかりました。

 

年末年始の頃には

服を作ることだと思っていたのですが、

それは実はただの例題であって、

もう一歩奥にある

ものごとの関係を理解して

説明できるようになりたい、

(服作りは体の形や動きがこうなっているから

服の形をこうする、という

因果関係の塊なんです、実は。)

そしてそれができた喜びを

他人の中に再現したいんだった、とわかると、

つまり今の仕事はライフワークだったんだ、

とわかり拍子抜け。

 

でもそれがわかれば朝起きた時から

夜眠りに落ちる瞬間までそのことをずーっと考える、

これこそシンプルライフの極みかも、

と思える生活になります。

体が疲れて(私の場合は肩が凝っちゃって)

その日の仕事を終えますが、

それが解決できれば考えるだけでなく

ずーっと仕事できます。

でも意外に高揚感はありません。

淡々としています。

 

それでは、

よい1日をお過ごしください。

2016年7月27日

伊藤 文

 

○ご意見、ご感想、お問い合わせは
こちらまで
(ご感想は紹介させていただくことが
ございます。
紹介不可の場合、
その旨もご記載ください。)

お問い合わせ

○発行者○  伊藤 文(いとう ふみ)
○E-mail○  7fumi23@gmail.com
○HP○    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

○メルマガの講読解除は
下記URLをクリックしてください。

メルマガ登録・解除フォーム

ご講読ありがとうございました。