豊かさを感じるところ

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
片付けを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。

◯オススメ記事はこちらをどうぞ◯


前に住んでいた部屋で試行錯誤をして、
わたしはベッドを壁際に寄せないのが好きだ、
ということがわかりました。

今の部屋に越してきた時も
最初はそうしていたのですが、
当時は寝ながら
夜空が見えるのがうれしくて
もっと見えるようにと
ベッドの配置を変えたら、
それが壁に寄せる置き方でした。

しかしその置き方だと
寝室へのドアが開きにくい、と
またベッドの置き方を戻しました。
越してきた当初よりも
壁から離した置き方で。

すると、壁とベッドの間の
一見無駄に思えるスペースに
なんだかよろこびを感じるのです。
なにか置けそうだからなにを置こうかな
というワクワク感と、
でもなにも置かないのよ、という
優越感と。

インテリアの本を読むと
スペースを有効活用するために
ベッドを壁に寄せる
と書いてあったりします。
でもわたしはミニマリストで、
寝室に置いているのは
ベッドと可動式クローゼットくらいなので
そんなことする必要ないのよ、ふふふん
という優越感なのでしょう。

それに、ホテルでは
頭側だけ壁に寄せてあり、
左右のどちらでもベッドに入れる
置き方がされていますよね。
だからもっと贅沢して
ベッドのどこも壁に触れていない
という配置で寝てみます。
どんな気分がするのかな??
(その結果はこちらに)


◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯ご提供中のサービスはこちらです。

ランキングに参加しています。
クリックしてくださるとうれしいです♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村