【LADYLIKE】持たないことのシミュレーション

ここ何日かで、
羽毛布団を買うかどうか、
迷っていました。
買うならこれ、と決めていたけれど、
ちょっとお高い…

宮本佳実さんの著書に
分相応か分不相応かは
それを買った直後に仕事がなくなったとして
買ってしまったことを後悔するか、
それでも余裕を持って
1年くらい次の仕事の準備をできるかだ
と書いてあったような気がしたので、
そのシミュレーションをしていました。

すると、仕事がなくなっても
今すぐに路頭に迷うことはないことに
気がつきました。
そうしたら仕事のない日々を
どうやって過ごしていこうかなあ、と
想像は広がります。

今夜もSTARBUCKSで夕食をとろうと
注文しつつマイタンブラーをお渡ししたら、
スタッフの方が落としてしまいました。
平謝りしてくださり、
タンブラーが割れていないかを
一緒に確認しました。
割れていなくて無事に
ラテを注いていただけましたが、
もし割れていたら、次は何を買おうか、
と考えているうちに、
もう次はなくていいんじゃないかな、
と思いました。

今あるものがないことを想像するのは
ちょっと難しかったりします。
ふとしたきっかけで
それを想像することができて、
感謝の気持ちが湧いてきました。
良い機会でした。

◯シンプルライフの作り方の
メール相談をお受けします◯

どうしたら自分の生活がシンプルになるのか、
混迷する現代社会の生活に
疲れきってしまったところから
どのように回復すれば良いのか、などなど
シンプルライフを作りたい方の
メールでのご相談を受けつけます。

メールタイトルは「シンプルライフ相談」
宛先は7fumi23@gmail.comまで
お寄せください。
(送信の際は@を半角に変えてください。)

Please follow and like us: