私が好きなことをして生きることが勇気を与えるのかも

真面目で努力家のあなたに
時間と心の余裕をもたらします。
名古屋のシンプルライフ・アドバイザー、
伊藤 文です。

◯オススメ記事◯
「なぜ、私の仕事は終わらなかったのか」
なぜ、あなたのタスクは減らないのか


私は何週間か前から
このサイト・仕事のテーマを
「真面目に努力して
『あれをしなくちゃ、こうあらねば』
と思って一生懸命にやってきたけれど
疲れてしまった人に、
『そんなにがんばらなくて大丈夫ですよ』
とお伝えする」
と設定していました。
私もだんだん思考の枠が外れて
毎日を快適に暮らせるように
なってきたからです。

昨日、心屋仁之助さんの
『「好きなこと」だけして
生きていく。』を読みました。

「好きなことをするには
一番嫌なことをする」必要が
あるらしい…

私は息を飲みました。
私にとってのそれは
安定や過去の努力と実績を手放すこと。
つまり、今のお勤め生活を
手放すことだからです。
思考の上では手放しているものの、
実際にはそれに向かって
あまり動いていません。
やっぱり、それか…

でも、思いました。
真面目にレールの上を走り続けてきた私こそが
仕事を辞めてのんびり生きていくことが
過去の私と同じように苦しんでいる人に
勇気を与えるのかもしれない。

きっと「辞めた後に快適じゃなくなったら
何も伝えられないし、
ビンボー生活はイヤ!!」
と思っているから
踏み出せないのです。

ま、仕事を辞めることについても
自分を追いつめないことにしたいので、
もう少し思考実験を
してからにしよっかな(笑)

以前は早起きが得意なことを売りにして
早起きのコーチもやっていたのですが、
実は、今は早起きしてません。
職場のフレックスタイム制を利用して
通勤ラッシュが終わった後に
出社しています。
今日なんかお昼前くらいに出社しました。

ここを読んでくださっている方はきっと
集中の密度を高めて
たくさんのことを成し遂げて
ありたい自分になっていくことを
お望みなのだろう、
と勝手に想像していました。
だからこれまであんまり
自由にやっていることは
書けませんでした。

でもお伝えすることのテーマも
「自分を追いつめなくて大丈夫」
にしたのだし、
のんびり自由にやっていることを
もっと正直にお伝えしていこうと思います。

次の年越しは、
タヒチに行ってきまーす!(本当)


◯セミナー・サービスのご案内◯

夢を叶える生き方・働き方ワークショップ(女性限定)>

時間の余裕を作る1ヶ月プログラム

段階を踏みながら身軽になる3ヶ月プログラム

あなたのクローゼットをシンプルにします

Please follow and like us: