ホームレスになることについて

真面目で努力家のあなたに
時間と心の余裕をもたらします。
名古屋のシンプルライフ・アドバイザー、
伊藤 文です。

◯オススメ記事◯
「なぜ、私の仕事は終わらなかったのか」
なぜ、あなたのタスクは減らないのか
好きなことをして生きていきたいけれど、なかなか踏み切れないあなたへ


私は昔、
ホームレスになることを
とても恐れていました。
街でホームレスの方々を見ると
「明日は我が身…!!」とおののきました。
 
だからもし職に就けなかったら
住み込みで清掃の仕事をしようと
思っていました。
住み込み付きの清掃の仕事があるかどうか
調べなかったけれど、
清掃というのは誰かがやらなくてはならなくて、
しかし、
誰もがしたい仕事ではないから、
きっと働き口があるはずだと思っていました。
そして、掃除を好きになれるように
努力もしました。
一時期は実際に
掃除を好きになることができました。
 
しかし今。
自分の中でミニマリズムが進行して
「もしかしてもう
自宅はいらないんじゃないかなあ」
などと思っています。
レンタルオフィスにお金を払えば
住所を借りられることもわかりました。
住民票は実家に、
住所はレンタルオフィスにすれば
税金も郵便物も大丈夫かも、
などと思ったりしています。
 
あんなにホームレスになることを恐れていたのに
今やホームレスになることを希望している。
思い描いている「ホームレス」の定義が
だいぶ違いますが。
この考えの変化にびっくりです。
 
私は路上で生活したいわけではなく、
結局どこかの部屋の中で
寝泊まりしたいので、
そうなると賃貸マンションに住むのとおんなじか、
今住んでいるマンションは理想的だしね。
と思うと、まだまだホームレスには
なれなさそうです。
 


◯セミナー・サービスのご案内◯

夢を叶える生き方・働き方ワークショップ(女性限定)>
2016-12-18%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a1%a8

時間の余裕を作る1ヶ月プログラム

段階を踏みながら身軽になる3ヶ月プログラム

あなたのクローゼットをシンプルにします

Please follow and like us: