どこかに行き着かなくても大丈夫

真面目で努力家のあなたに
時間と心の余裕をもたらします。
名古屋のシンプルライフ・アドバイザー、
伊藤 文です。
今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 522通目◯

どこかに行き着かなくても大丈夫

2016年11月25日

 

このおたよりでは、

身の回りを整えることが

大好きな筆者が、

身の回りを整えることが

日々の生活や仕事にどのような

良い影響を与えていくかを

検証する過程をお伝えします。

この過程の中から見えてくる何かが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

私が物を捨てるのは、

ストレス解消のためと、

本からの影響で

片づけ熱が再燃している時

です。

 

そしてさらに気がついたのは、

まだ理想を生きていない

もがきの現われであり、

「行くとこまで行っちゃいたい癖」

の現れなのではなかろうか、

ということでした。

 

例えば私は

仕事を一生懸命がんばることも

どこかに行き着く前に

力尽きてしまいました。

というよりも、

そこが行き着いたところでした。

自分が思い描いたところでは

なかったけれど、

力尽きるところまで行かなければ

考えの転換は起こりませんでした。

 

だから、物を捨てきっても

もしかしたら

自分が思い描いているところには

行かないのかもしれない。

けれどもそこでまた何か、

考えの転換が起こる可能性は

あるのです。

 

そう思うと、

安心して捨てられますよね。

何年か前から持っていた乾物を

やっと捨てました。

考えの転換が起こるんだ!と安心して、

順次、捨てていきますよー。

2016-11-26%e6%8d%a8%e3%81%a6%e3%81%9f%e3%82%82%e3%81%ae
↑今日捨てた空き容器たち

 

それでは、

よい1日をお過ごしください。

2016年11月25日

伊藤 文

 


◯セミナー・サービスのご案内◯

夢を叶える生き方・働き方ワークショップ(女性限定)>

2016-12-18%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a1%a8

時間の余裕を作る1ヶ月プログラム

段階を踏みながら身軽になる3ヶ月プログラム

あなたのクローゼットをシンプルにします

 

◯ご意見、ご感想、
お問い合わせはこちら
(ご感想は紹介させていただくことが
ございます。
紹介不可の場合、
その旨もご記載ください。)

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メルマガの講読解除はこちら

ご講読ありがとうございました。

Please follow and like us: