模様替え

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。

◯オススメ記事◯
「なぜ、私の仕事は終わらなかったのか」
なぜ、あなたのタスクは減らないのか


昨日は何もないテーブルで
仕事をするとうっとりする、
という話を書きました。
そんな暮らしぶりを
ミニマリスト・ポエムとして
instagramに投稿しています。
しかし、テーブルで撮影時に
ひとつ、
気になることがありました。

それは、
真上から撮らないといけない
ということです。
なぜなら、視線の通りに撮影すると、
窓際の雑多なスチールシェルフ
(写真左上)が
写りこむからです。

最終的には
このスチールシェルフは
廃棄したいと思っていますが、
まだ中に入っている物を
捨てられません。
よく使っている物もあるし、
処分するかどうか
踏ん切りがつかない物もあるし、
他の収納場所には
これら全てを収容できる
空間の余裕はありません。

そこで、スチールシェルフを
反対側に
移動してみることにしました。

まず中身をすべて出します。
このシェルフは
それほど大きくないのに、
結構な量の物が入っていましたね。
(写真右上)

すっからかんのシェルフ。
棚板をきれいに拭きました。
(写真左下)

そしてシェルフを
反対側の壁に移動し、
左上の写真と同じように
物を収納しました。

これで視界はすっきり。
しかも席からシェルフが
近くなったので、
物も取り出しやすい。
これで機能的にも見た目にも
満足な状態になりました。
(写真右下)


◯セミナー・サービスのご案内◯

時間の余裕を作る1ヶ月プログラム

段階を踏みながら身軽になる3ヶ月プログラム

あなたのクローゼットをシンプルにします

Please follow and like us: