もう、自分を犠牲にしない

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。

◯オススメ記事◯
「なぜ、私の仕事は終わらなかったのか」
なぜ、あなたのタスクは減らないのか


私は、
周りの人との調整が必要な時、
必要以上に遠慮して、
譲ってしまいます。
今日もまた
それをしてしまいました。

でも、今回はふと思いました。
「こうして自分を犠牲にしても
周りの人たちはそんなこと
気づかないし、
ましてや感謝なんかしてくれない。
だったらもう、
自分を犠牲にするのはやめよう」と。
なんでこんなにひとりで
イライラしてるんだろうなって
思ったんですよね。

波風立たないのが
自分の望む状態だから
自分を犠牲にして
しまうのだと思います。
それがいちばん簡単だから。
でも実はそれと同時に
イライラしている自分がいて、
これまではそんな自分の声に
耳を傾けていなかったのですね。

それから似たようなことに、
自分と他人への厳しさがあります。

例えば、私が周りの人に
期限は守って!とか
遅刻しないで!と迫ると
自分も必ずそうしなくては
ならなくなります。
(そうではない考え方も
あるかもしれないけれど、
今の私は
他人への要求は自分も満たすべき
との考えに支配されています。)

すると自分が窮屈で
苦しくなってきます。

だからそこはお互い様〜と
許してあげられると
いいのかもしれません。

でも、期限を守ると
物事が円滑に進むんですよね。。。
まあ少しずつ
考えをシフトしていこうと思います。


◯セミナー・サービスのご案内◯

時間の余裕を作る1ヶ月プログラム

段階を踏みながら身軽になる3ヶ月プログラム

あなたのクローゼットをシンプルにします

Please follow and like us: