お気に入りのノートがかける魔法

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。

◯オススメ記事◯
「なぜ、私の仕事は終わらなかったのか」
なぜ、あなたのタスクは減らないのか


ポシェットに入るサイズの
手帳にしたいな、と
今年はワークライフスタイル手帳を
使っています。
バーチカルの週間ページが
これまでよりも小さくなったのは
ちょっと不便だけれど、
カレンダータイプの月間ページが
とっても便利です。

カバーには2色あり、
どちらもとてもかわいい。
1冊2,200円なのだから
どちらも買っちゃえ!と
2冊持っています。

でも、
2017年のスケジュール帳としては
1冊あれば十分。

結局、日記帳になりました。
うれしいことがあった日に
「これ書き残しておきたいなあ」
と書いたのが始まりでした。

これまで日記は
いつも持ち歩いているノートに
書いていました。
仕事のメモも日々の気づきも
すべて書くノートです。

でも、
お気に入りのノート(手帳)には
お気に入りのことだけを
書きたくなる。
お気に入りのことを書けるように
時間の過ごし方を
お気に入りに変えていく。

お気に入りのノートを使うことには
こんな魔法が
隠されていたのですね。


◯サービスのご案内◯

あなたのクローゼットをシンプルにします

時間の余裕を作る1ヶ月プログラム

段階を踏みながら身軽になる3ヶ月プログラム

Please follow and like us: