持たないという積み重ねの総体としてのメリット

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 575通目◯

持たないという積み重ねの

総体としてのメリット

2017年1月18日

 

このおたよりでは、

身の回りを整えることが

大好きな筆者が、

身の回りを整えることが

日々の生活や仕事にどのような

良い影響を与えていくかを

検証する過程をお伝えします。

この過程の中から見えてくる何かが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

昨日は「これでいい」ことにすれば

捨てられる、とお話しし、

今日はその続きです。

 

捨てないこと、つまり

物を持つことのメリットは

すぐに対応できる、

いろいろな場面に対応できる、

所有物を通して自分がわかる、

などがあります。

 

そういったメリットが

手放せないから、というのも

捨てられない理由の1つです。

 

でもそこから考えを1歩進めて

物を持たないことのメリットと

天秤にかけてみます。

 

どちらが良いかは

人それぞれです。

物を持たないことのメリットは

持つことのメリットよりも

少し遠くにあります。

 

持つことのメリットは

1つ1つの物を使うときのメリットが

すぐ得られますが、

持たないことのメリットは、

持たないという積み重ねの

総体として生まれる

メリットだからです。

 

つまり、

何かを1つ持たないだけでは

ただ不便なだけですが、

持っていない物が

相当数あることによってはじめて、

空間ができるとか身軽だとかいった

メリットを享受できるのです。

 

だから持つことと

持たないことのメリットを

天秤にかけるとき、

少し視点を調整する必要があります。

すぐに答えを出さないで、

ゆっくり考えてみてください。

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2017年1月18日

伊藤 文

 


◯サービスのご案内◯

あなたのクローゼットをシンプルにします

時間の余裕を作る1ヶ月プログラム

段階を踏みながら身軽になる3ヶ月プログラム

 

◯ご意見、ご感想、
お問い合わせはこちらから
(ご感想は紹介させていただくことが
ございます。
紹介不可の場合、
その旨もご記載いただけると
幸いです。)

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メルマガの講読解除はこちらから
ご講読ありがとうございました。

Please follow and like us: