本当に持つべき物は

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 577通目◯

本当に持つべき物は

2017年1月20日

 

このおたよりでは、

身の回りを整えることが

大好きな筆者が、

身の回りを整えることが

日々の生活や仕事にどのような

良い影響を与えていくかを

検証する過程をお伝えします。

この過程の中から見えてくる何かが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

私は、読み終えて

持っていることを忘れた本は

古本屋さんに売りに行きます。

 

一方で、その存在を忘れ得ない

一軍の本は、

引き出しと上の棚板の間の

狭いところに、

横に倒してしまっています。

棚を見た時に見えるのは

本の下側の小口です。

 

でもいつまでも読み返したくなる

一軍本だから、

背表紙が見えなくて

取り出しにくいようなしまい方でも

ちゃんとその存在を覚えていて、

手間がかかっても取り出します。

 

本来持つべき物って

そういう物ではないか、

と思うのです。

存在を忘れ得ず、

取り出しにくさを乗り越えてでも

取り出したいもの。

 

残すか捨てるかの判断に困った時は

存在を覚えていたか、

たとえ手間がかかってでも

取り出したいか、

という判断も試してみてください。

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2017年1月20日

伊藤 文

 


◯サービスのご案内◯

あなたのクローゼットをシンプルにします

時間の余裕を作る1ヶ月プログラム

段階を踏みながら身軽になる3ヶ月プログラム

 

◯ご意見、ご感想、
お問い合わせはこちらから
(ご感想は紹介させていただくことが
ございます。
紹介不可の場合、
その旨もご記載いただけると
幸いです。)

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メルマガの講読解除はこちらから
ご講読ありがとうございました。

Please follow and like us: