あなたをあなた足らしめるもの

こんにちは。
ミニマリストの伊藤 文です。
片づけを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。

◯オススメ記事◯
「なぜ、私の仕事は終わらなかったのか」
なぜ、あなたのタスクは減らないのか


昨日
プロフィールを今の自分に
沿った内容に直す過程で
2つのことに気づいた、
その1つ目をお話ししました。

今日はもう1つのお話です。

よくよく突き詰めていくと、
私も伝えたいことは
「好きなことをして自分の理想を生きる」
です。
ワークライフスタイリスト養成講座の
同期生のブログを見ても、
ストレートにそれを伝えている人が
多いなあ…と思いました。
ちょっと、うらやましい。

だったら私も
そうすればいいじゃないの、
と思うのだけど、
どーしても!どーしても!
私は「片づけ」を理想実現法の
手段にしないわけにはいきませんでした。

家は出かける前と寝る前に、
オフィスは退社前に、
テーブルとキッチンに
なんにもない状態に片づけます。
朝起きてきた時の、
出社してきた時の、
夜帰宅した時の、
気持ち良さったらありません。

私がそこに感動するのは、
汚屋敷出身であることの
コンプレックスを克服できたから、
という
私の経験に基づいている
のではないかと思います。

こんまりさんのおっしゃる通り、
正しい方法を教われば
誰でも片づけられるようになる
と思いますし、
一度その心地よさを味わえば
リバウンドしない人も多いでしょう。

でもそれを言いたいっ!!
と思うほど感動する感性は
誰でも持ち合わせているものではなく、
その人の経験に基づいているのでしょう。

いえ、これは
私が特別だと言いたいのではなく、
対象を片づけ以外のもの、
例えば映画とか、マラソンとか、
に変えれば、
これを言いたいっ!!
と思うほど感動する感性を
あなたが持っているのです。

あなたの経験に基づく
感動ポイントはなんですか?
それがきっと、
あなたをあなたたらしめるものです。


◯ご提供中のサービス◯

<落ち着いた生活ができる、
スケジュール管理レッスン

あなたのクローゼットをシンプルにします

Please follow and like us: