「また着たくなるかもしれない」の答え

こんにちは。
名古屋で片づけ専門の
ワークライフスタイリストをしている
伊藤 文です。
片づけを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 634通目◯

「また着たくなるかもしれない」の答え

2017年3月18日

 

このおたよりでは、

身の回りを整えることが

大好きな筆者が、

身の回りを整えることが

日々の生活や仕事にどのような

良い影響を与えていくかを

検証する過程をお伝えします。

この過程の中から見えてくる何かが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

私は冬の仕事着として

シャツを着ていましたが、

この冬は1度も着ませんでした。

 

でもまた着たくなるかもしれない

と思って、とってあります。

 

…ん?

「また着たくなるかもしれない」

って何だろう。

 

未来の自分が何を望むか

わからないということ。

過去の自分も移ろってきたから。

 

自分の「これがいい」は

どこからきているのか。

 

シャツを着ていた頃は

正統の紳士服に憧れていました。

 

でも今シーズンは

加齢に伴って

体が窮屈なのはしんどくなってきた

ということもありますし、

雰囲気も襟なしの柔らかい方が

いいような気がしたから

シャツを着ませんでした。

 

とすると、もうシャツは

着ないということですね。

 

私もそろそろ

見た目が気に入っていれば

多少窮屈でも

がんばって着ちゃう

というのができなくなってきました。

 

身体機能は見た目の嗜好よりも

変化を予測できるので、

好みにおける

身体的快適性の割合が増えてくると

好みを予測することが

可能になってきます。

 

すると

「また着たくなるかどうか」

にも答えを出せます。

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2017年3月18日

伊藤 文

 


◯ご提供中のサービス◯

もう迷わない!確実に物を減らせる
片づけレッスン

 

◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メルマガの講読解除はこちらから
ご講読ありがとうございました。

Please follow and like us: