できれば余白があるといい

こんにちは。
名古屋で片づけ専門の
ワークライフスタイリストをしている
伊藤 文です。
片づけを通して自分を知り、
理想の自分を生きるために
今できることをお伝えしています。
では、今朝のメールマガジンをどうぞ↓


◯生活のしくみ化だより 636通目◯

できれば余白があるといい

2017年3月20日

 

このおたよりでは、

身の回りを整えることが

大好きな筆者が、

身の回りを整えることが

日々の生活や仕事にどのような

良い影響を与えていくかを

検証する過程をお伝えします。

この過程の中から見えてくる何かが、

あなたのお役にたてれば幸いです。

 


おはようございます。

 

この時期には

ときどき頂き物があります。

在宅ワークのために

資料を持って帰ってきたりもします。

それから古本屋に持って行く本を

何冊かたまるまで置いておいたり

もします。

 

新たに我が家にやってきた物が

どの分類に入るか迷ったり、

一時的に我が家にきただけで

またすぐ出て行く物だったりすると、

我が家では

テーブルの上にしばらく

置かれます。

そうすると雑然とした印象に…

 

こういったことは

年に何回かあるので、

それを見越して

そういった物たちを入れる

余白があるといいですよね。

我が家は

収納家具を減らそうと思うあまり、

その収納家具の中は

充填率が100%に近いです。

 

あなたがミニマリストでなかったら

収納の容量は結構あると思うので、

一時収納スペースを作ると

スッキリしますよ。

そこを溢れさせないようにする

注意は必要ですけどネ。

 

それでは、よい1日を

お過ごしください。

2017年3月20日

伊藤 文

 


◯ご提供中のサービス◯

もう迷わない!確実に物を減らせる
片づけレッスン

 

◯ぜひご感想をこちらからお寄せください。

◯発行者◯  伊藤 文(いとう ふみ)
◯E-mail◯  7fumi23@gmail.com
◯HP◯    http://7fumi23.com
Copyright (C) 2015- Fumi ITOH
All Rights Reserved.

◯メルマガの講読解除はこちらから
ご講読ありがとうございました。

Please follow and like us: